サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラマラソンの魅力、そして攻略法とは
この世界一過酷なサハラマラソンはクレイジーだ!
しかし、終わってみれば参加者全員がサハラ砂漠に魅了されてしまうのだ。

一般のマラソンランナーにとって、サハラマラソンは大変厳しい。

コース状況は、大小の砂丘越え、瓦礫、干上がった川底(砂地)、干上がった湖、砂地の山越え、そして最後にアスファルトであり、こんなに身体を酷使する路面はない。

完走するために必要なことはなにか。

サハラマラソンは準備をしっかりやれば完走できる。
つまり、準備をどれだけやったかが完走する確率を決めるのだ。

特にシューズ選びと食糧などの荷物が重要で、ここをおろそかにするとレースで痛い目にあうだろう。

今回は水分を通さないゴアテックス素材のトレイルランニングシューズに、主催者HPにあったゲートルを装着した。
ゲートルは、接着面をしっかり脱脂して接着剤の使用方法を守ったので、最後までマジックテープが剥がれず、砂はまったく入らなかった。
接着剤の使用方法どおりにやれば、マジックテープが剥がれることはないのだ。

シューズはトレイルランニングや河原をたくさん走って靴ずれができないことを確認すべきだろう。


トレーニングだけではサハラマラソンは完走できない。
食糧は、7日間のメニューを決めておくことだ。
そのためにも試食は必ずやっておくこと。
当日になって口に合わず、捨てた選手もいたほどだ。
サハラ砂漠のレースは思うようにペースがあがらず時間がかかるので、
オーバーナイトステージなども考えると食糧は思った以上に必要だ。
心配なら余分を持っていくべし。

サハラマラソンは荷物の重さが過酷さに上乗せされる。
その中でも食糧が一番の荷物になるので、できる限り余分を少なくすること。
覚悟があるなら、最低限の荷物にしてできる限り軽くすべし。
包装紙などもやめるなどの工夫をして大幅に軽量化できた。

またサハラマラソンはゴールまでの時間が予想以上にかかるので、
携帯食はしっかり考えておくこと。

さらにゴールまでの見通しが確実にたつまでは食糧は絶対に捨ててはいけない。
なお心配なら荷物を多めに持っていく。
サハラ砂漠の環境にあわせて現地で荷物を調整し、いらない荷物は前日の荷物検査時に置いていけばよい。

最後に。

サハラマラソン日本人出場者である三宅さん、関さん、林さん、澤村さん、山崎さん、間さん、宮田さん、村上さん、飯田さんの計9名の最高の仲間と7日間を一緒に過ごすことができ、本当によかったです。

またサハラマラソン日本事務局のフリーマンの松永さん、みさこさんには、連絡事項やロードマップの翻訳などで大変お世話になりました。

そして、サハラマラソン大会スタッフのおもてなしが最高にすばらしかった。みんな、メルシー!!


サハラマラソン4日目の75キロのオーバーナイトステージでは、最終ランナーとなった日本人参加者が翌日の昼頃にゴールした。
このときの光景があまりにも感動的で、今思い出すだけで涙が出てくるな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/45-083fa15f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。