サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦士の感動の休息日
4月3日(サハラマラソン:ステージ4:2日目)

サハラマラソンのオーバーナイトステージでへとへとになった。
早くテントに行って横になりた。

そう思ってテントに向かおうとしたら、テントがないとスタッフに言われた。

なんで???

その代わりにスタッフ事務用のテントを案内され、そっちに向かった。
テント村よりの近くにあったので、ちょっと得した気分だ。

テントには他の選手たちがすでにシュラフで寝ていた。
みんな同じようにゴールしてきたんだな。

いざ、テントにあがると疲労で身体がとても重い。
足も硬直している。
しゃがみこむところから一仕事だ。

身体が不自由になったので、スローモーションで寝る準備だ。
シュラフを出すのにも一仕事。
動くのが嫌になってきた。

寝る準備だけで30分くらいかかり、ようやく目をつぶることができた。

まわりが明るくなって目が覚めた。
寝たのは1時間ほど。
寝始めたのが6時前だった。

さっそく起き上がると、先に寝ていた5人ほどの選手はすでにいなくなっていた。
代わりに、となりのテントの韓国人選手がいた。
彼の足を見ると、マメができたところから紐が数本出ていた。
「それはなんですか?」
と聞いてみると、
「これは韓国式のまめの直し方です。早く治ります」
と答えてくれた。
マメの脇に貫通穴を開け、こよりのような紐を通し、端はマメの外側に出しておく。
そうすると、マメにたまる水分が紐を伝って、外側へ移動し、乾燥するというわけだ。

そんな話をしていると、遠くから松永さんとみさこさんが歩いてきた。
手を振って声をかけたら、見つけてくれてふたりと喜びの握手だ。
知った顔に会うと、とてもうれしくなる。
ふたりはずっと応援をしてくれるので、顔を見るたびにほっとされてくれた。
テントの事情を話すと、仲間たちがどこにいるか探しにいってくれた。
ふたりが帰ってきて、一緒にテントに向かおうとテントから立ち上がった。
足がさすがに筋肉痛で辛い。。。。
二人に荷物を持ってもらい歩きだすと、向こうのほうから知った顔が歩いてきた。
あれ~??のりちゃんだ。
また元気に再会できてうれしいのだけど、なんで?
ひょっとしてこんなに早くゴールしたの?
頭に浮かんだ疑問。

彼女はいつもどおり、とても元気。
リタイヤしたと語ってくれた。
とても前向きなリタイヤだったそうで、このことを前向きに捕らえていた。
彼女はCP2からCP3に向かう峠越えですでに日が落ち、暗闇で道に迷い、2時間ほどさまよった。
とても心細くなってふえを吹いたりしたそうだ。
へとへとになったときに、後方からラクダとベルベル人が追いついてきて会うことができた。
ここで気をとりなおしてCP3を目指そうとしたが、ラクダに出会ってほっとし、緊張の糸が切れたようで、精神的にも体力的にも消耗したことを自覚してしまい、リタイヤをすることを選んだ。
照明弾を打ち上げようと何度も試したがうまくいかず、ベルベル人に頼んだそうだ。
そうしたらベルベル人も打ち上げることができなかった。
仕方なく、力を振り絞って打ち上げることに成功した。
しかしその勢いでベルベル人は驚きで飛び上がったそうだ。
そうすると大会の車が迎えにきたそうだ。
彼女の話している表情は興奮さめやらぬ様子で、また実に晴れ晴れしていた。
ただ足のまめは痛そうだった。

のりちゃんは事務所に寄ることになっていたので、松永さんとテントに戻ると、三宅さん、関さん、澤村さん、寛平さん、林さんが休んでいた。
みんなとがっちり握手だ。
ようやくここまでこれた。
みんなやり遂げた実にいい顔をしていた。
それぞれのストーリーがあったんだ。

自分の報告をしたあと、のりちゃんのことを話した。
みんなは驚きとともに、落胆や同情の表情に変わってしまった。

自分のテントの中でようやく座ることができた。
やはりこのテントが一番落ち着く。
おなかがすいたので、食事を食べた。
今日はごろごろ過ごそう。

のりちゃんが帰ってきた。
みんなで彼女を囲んで労をねぎらった。
彼女は元気に来年も出るわよ!
と宣言するほど強気な発言が多かったが、完走したかったと遠くを見つめながら漏らしたときの表情が悔しそうだったけど、やっと本音を言えたという安心感からか、やさしい顔になって。
俺は完走する決意を新たにすることができた

自分の興奮がさめないのか、眠ることができず、洗濯をすることに。
テントの中で過ごしているのだが、日中はめちゃくちゃ暑いことを実感した。
こんな中で走っているなんて本当にクレイジーだ。

今日、一番したいのはクリニックにいくことだ。
オーバーナイトでたくさんの選手がぼろぼろになっているので、早く行っても混んでいるのは目に見えている。
今日は時間がたっぷりあるので、時間を置いてからクリニックに行こうと決めた。
ステージ後半から筋肉疲労で足が上がらなくなり、瓦礫や石へ足の指を強打するごとに親指に激痛がはしったのだ。
爪がはがれ、中に水がたまっていたに違いない。
巻いてあった包帯はところどころ赤く染まっている。
自分で恐る恐るはずしていくと、がんばった俺の両足が現れた。
足全体が黄ばんでいる。
水がたまってところどころ白くなっている。
さわってみると、膿んだ液体が流れてきた。
すると、どこから出てきたのか、ハエがそれにたかってきた。
一匹、二匹、三匹と増えてきた。
初日にクリニックで並んでいたとき、前にいた外国人の靴擦れ跡にハエがたかっていた光景が、自分にもあらわれたのだ。
気持ち悪さに、ハエを追い払い、すぐにクリニックに行こうと決めた。

さっそくクリニックに行くと、気のよさくて人懐っこいおっちゃんドクターが手当てしてくれた。
彼の名前はアダムス。彼もまたフランス人だ。
熱線の半田ごてのようなもので爪に穴を開け、メスで穴を広げて水を抜かれた。
熱線が爪を貫通して下の皮膚に触れたときには今までに感じたことのない激痛が走った。寛平さんのテレビクルーがカメラを向けていたが、この治療だけはあまりに痛そうで撮れないと言って、撮影をやめてしまった。
なお帰国後、両足の親指と小指の爪はすべて剥がれた。

多くの選手が休息日となったこの日。
余分になる水で水浴びをする選手がたくさんいた。
関さんもまた水浴びをした一人。
テントから50mくらい離れ、そこで素っ裸になった。
そして頭からペットボトルの水をかけ始めた。
ここは砂漠。
さえぎるものはなにもない。
我々のテントのみんなが見ているだけでなく、他のテントの選手にも目に入る。
ひきしまった身体で、気持ちがいい様子が伝わってきた。
そのあとがすごかった。
突然、素っ裸で仁王立ちをするやいなや、ストレッチをはじめたのだ。
灼熱の大地で、戦士の休息。
青い空と赤茶色の砂地、そして地平線をバックに陽射しを浴び、輝いていた。

昼前に、水4.5リットルをもらいに行った。
そこで配っていたフランス人スタッフに笑顔で名前を呼ばれ、
「俺を覚えてるか?」
と声をかけられた。
はじめは思い出せなかったけど、ステージ3のゴール後にクリニックの前で話をしたスタッフだった。
妻が日本人だって言ってた彼だ。
名前を忘れてしまっていたのだけど、がっちり笑顔で握手できた。
覚えてもらっているのって、うれしいな。

昼になると、昼ごはんの時間だ。
今日の昼食分のアルファ米100gをオーバーナイトの夕食にまわしたので、オーバーナイトの夕食200gがあまっていると思っていた。
おかしい。
数があわないかも。
最終日までの食事の数を確認したところ、1食足りないことがわかった。
そういえば多いと思って家に置いてきたアルファ米200gがあった。
必要なものだったのか。

持ってきた食糧は、レース中の消費カロリーを考えての食事量だった。
今日の昼間は寝て過ごしてもいいし、食べなくても大丈夫だろう。
 ということで、まわりが昼食をしている中、寝転んで目をつぶって休んだ。

昼を過ぎて、最終ランナーがゴールに向かっていると会場にアナウンスが流れた。
アナウンスの内容はわからなかったのだが、村上さんがまだゴールしてなかったので、関さん、澤村さん、林さん、山崎さんとでゴールに見にいくことにした。
そうすると、疲れ果てた大勢の選手たちがテントから這い出し、足を引きずりながらゾンビのようにゴール前に歩いていくのだ。
足を引きずりながらゾンビのようにテントから這い出したたくさんの選手が最終ランナーを迎え入れるためにゴールへ歩いた。
ここは野戦病院か?
リュックの肩のベルトが擦れてできた肩の擦り傷。
腰ベルトがすれた腰の擦り傷。くつずれによるかかとの擦り傷。足のまめ。
上半身裸のサンダル姿で足をひきずっていたり、びっこをひいている。みんな立っているのがやっとではないか。

一体なにが起こるのか?
そして、ゴールの前に集まった大勢の選手たちがゴールまでの道を空けて列ができた。
遠くからランナーが来たようだ。
くみちゃんなのか?
これが最終ランナーなのか?
くみちゃんもリタイヤなのか?
そんなことを仲間と話した。
遠くに姿が見えた。
最終ランナーが来た。
ふたりいるようだ。ひとりはベルギー人のようだ。
そうすると、ここのやつらが精一杯、あたたかい拍手や喝采をしはじめた。
指笛も吹いた。
姿が確認できるようになった。
日本人だ!くみちゃんだ!
あの色のウェアはくみちゃんだ!
くみちゃんもゴールだ!
僕らは笑顔でよろこびを共有した。
最終ランナーのがんばりにうれしかった。
拍手喝采している選手たちを見ていると、涙があふれてきた。
涙が自然に頬を流れてはじめ、とまらなくなった。
ひくひくいいはじめた。
同じ距離を走りきった仲間たちが、その痛みや喜びを分かち合い、自分のことのようにはしゃぎながら声援を送っている。

 選手だけがこの道のりの大変さを共有できるのだ。
でもどうしてみんなそんなに応援できるんだ。
どうしてこんなにあったかいのだ?
最終ランナーが日本人だから俺たちはゴールまで見にきたんだ。
なのに、お前らはなぜそんなにやさしいのだ?
感動して涙が止まらなかった。
共に難関をゴールした者だけが共有できる運命共同体のような雰囲気が生まれていた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
私は今日も食べすぎです(^^)

2008/07/20(日) 18:12:27 | URL | スマイル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/40-1502298f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。