FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日の出とともにオーバーナイトが終わった
マークとふたりで暗闇をヘッドライトの明かりを頼りにすすんでいく。
マークは歩き。
おれは軽いジョギングだ。
進みだすと、身体があたたかくなってきた。
ウインドブレーカーを着込んだ身体が熱を逃がさなくなった。
額から汗がにじんできた。
背中が汗ばんできた。

ウインドブレーカーのジッパーを下げて、冷気を入れた。
気温はだいぶ下がっている。

お互いの荷物の重さについて話した。
彼の知人はこのステージは後発。つまり足が早い。
その彼が言うには、バックパックの重さは9キロ以下にしなさいとのことだったそうだ。
マークはそれを守っていた。
おれのバックパックは12キロだった。
このサハラマラソンは重さが命取りなんだな。
重さは食糧に負うところが大きい。
軽量で高カロリーの食べ物が大事だ。
ナッツ類がそれに見合う食品だと言い、カシューナッツを持ってきていた。
歯ごたえもあるし、食べてる感がいいんだよね。

このころからマークと冗談を言い合う仲になっていた。
あのレーザは宇宙人だとか。
映画のセットだとか。
タイムマシンだとか。
そんなことで気を紛らわせていた。

このあたりからゴールへの到着時間を話すようになっていた。
このままなら2時くらいか。
このとき、我々はCP5の次がゴールだと思いこんでいた。

CP5に到着した。
59キロだ。
ゲートでマークがフランス語でスタッフを話をしていた。
どうやら次はゴールではない。
CP6があるそうだ。
CP5の次はゴールだと思っていた我々に対し、CP5のスタッフは容赦なく現実を突きつけた。
二人とも落胆の色を隠せなかった。
まだCP6があるのかあ。

ふたりとも身体はかなり疲労していた。
足の筋肉も硬くなったきている。
ふくらはぎがだいぶ張ってきていた。

ようやくCP5についた。
ゲートの前では焚き火をしていた。
寝袋を出して寝ている選手も見えた。

お互いにしゃがみこんで休んだ。
どうする?
寝ないでいこう。
そんな会話をした。
軽量化に必要なカシューナッツをわけてくれた。
うまいなあ。

そうしているうちに、汗が冷えてきた。
寒すぎる。
ここままでは風邪を引いてしまう。
防寒用に夜に来ていたアンダーウェアをバックパックから出し、Tシャツから着替えた。
あったかい。

さて行くか。
彼に声をかけて立ちあがろうとした。
立てない。
太ももが動かない。
太ももが硬直している。
悲鳴をあげているのだ。
筋肉痛が起きている。
力が入らない。
なかなか立ち上がることができない。
ようやく立つことができたが、立っているのがやっとだった。
足が震えている。
ふらふらだ。
バックパックに入れた、空きペットボトルを捨てに10mくらい離れたゴミ箱まで歩いていけない。
膝が曲がらないのだ。
それを見ていたマークが代わりにゴミを捨ててくれた。
ありがたいな。

CP5を出るとき、仲間がひとり増えた。
陽気なフランス人のようだ。
行動食を俺とマークにわけてくれた。
スニッカーズのような食べ物だった。
外国人はこういうものを食べているんだなあ。
CP6からは緑のレーザーは出ていない。
500mごとにある蛍光スティックと、前を行く選手の光が頼りだ。
しかし、我々の前方に選手の姿は見えなかった。

さらにここは砂地ででこぼこしていて、タマリスクの木々がある。
500mごとの目印が見えにくいのだ。
すぐに道先案内の蛍光スティックも見えなった。
不安が胸をむしばんでいく。

合流した彼は、こっちだと自信満々に違う方向を指して歩き出していた。
俺をマークは足をとめた。
俺はバックパックからマップとコンパスを取り出した。
はじめてコンパスを使うことになった。
使うことができて、ちょっぴりうれしい。

マップを見るとCP5からCP6まではまっすぐなルートを示していた。
方角は283度の方向だ。
コンパスで確認すると、CP5から来た方角であっていた。
気まずくなったのもあるのか。
後ろから来た6人くらいの集団と一緒にいってしまった。

ほとんど無口だ。
聞こえるのはお互いの足音と息使いだけだ。

川原のような「ごろごろ石」地帯に突入した。
お互いに足裏のまめがつぶれていて、石に足をぶつけてときどき悲鳴があがる。
あちこち岩ばかりが転がっているので、足を踏み出すごとに、どこへ着地したら足が痛くないか、瞬時に見極めなければならず、その判断に頭の中が忙しくなり、ちっとも気が抜けない。

痛みに対して「痛い」と言って嘆いているだけでは先に進めないのだ。
これは自分の目指すゴールに対する試練なのだ。
妥協することもなく、逃げることもなく、進むのだ。
でも決して強情になってはいけない。
この過程を楽しみに変えて乗り切っていくのだ。

これがマラソンであり、人生なのだ。

いくら歩けどゴールの光は見えてこない。
夜中のウォーキングでは、景色は見えず、目による癒し効果も期待できず、ひたすらまっすぐの単調な道が続く。
日本の霊峰富士も森林限界を超えてしまうと、あとはがれ場の連続。
心を惑わされず、神聖なる気持ちを抱きながら、ただ黙々とゴールを目指す。
目を奪われるものがないので、心のなかには、ふとした光景がよみがえってくる。
いつしか自分の歩いてきた道を見つめていたりする。

たとえはるか彼方であっても、人は目指す地点が分かれば、ペース配分に工夫を凝らしたり、最後の力をふりしぼったりもできる。
苦しい道のりを最後まで歩きとおすには、明確なゴールという目標が不可欠だ。
川を下っていくなら、沈まずに流れに身を任せていればいつかはゴールに漂着する。
ここでは足をとめなければいつかはゴールすると信じて進むだけだ。

ときおり、マークが立ち止まり、膝に腕を当ててからだを支える。
その顔は辛そうだ。
バックパックが肩にずっしりと食い込んでいて、重いのだろう。
肩が擦れているに違いない。
「セボ?」
声をかけてみた。
力なく声が帰ってくる。
「もうちょっとゆっくりさせてくれ」
そうだよな。辛いよな。

ようやく彼は力を振り絞って身体をおこし、歩きはじめた。

CP6を過ぎ、次はゴールだ。
オーバーナイトステージのゴールだ。
東の空が薄明るくなってきた。気温も低い。
自然と会話は少なくなる。
ただ早くゴールにたどり着きたい。

しかし、足の痛みは正直だ。
おれが痛みで足をとめると、足をとめて待ってくれて、
そして、彼が背中の痛みで足をとめると、俺が待って声をかけた。

自分の体力を見極めようとする行為は、己の弱音と綱引きでもある。
たとえ一人だろうと、その綱引きは絶えず心の中で続く。
小高い砂山がでてきて、タマリスクの木がその上に生えていた。タマリスクが流動性の砂の流れを止め、木の根元に溜まった砂の上にタマリスクが押し上げられる現象が繰り返されるようだ。

そんな地帯を過ぎ去ったあと、ゴールが見えてきた。

チェックポイントが見えたときは、
広告の看板だったら?
映画の写真だったら?
宇宙人が迎えに来てるのかも?
なんて冗談を言いあった余裕はそこにはなかった。

ゴールが見えてきてからが実に長い。
歩けば歩くほど、ゴールが離れていっているのではないかと思ってしまうほど。
それほどゴールが近づいてこない。
地平線の真ん中にあるゴールは人間の距離感を無能にしてしまうに違いない。

後ろを振り返ってみた。
東の空が明るくなってきていた。
その先に月が出ていた。
ぼうっと光っていた。三日月だ。下弦の月だ。
先に、お月様が昇っていたのだ。
月の砂漠とは、なんと幻想的なことか。
このお月様が、最後の勇姿を見守っているのだな。
とってもあたたかい気持ちになった。

そしてすぐあとに陽が登るに違いない。
「本当にオーバーナイトステージになったな」
マークに声をかけると、彼は笑って親指を立てた。

ゴールは必ず近づいていると信じ、集中力を切らすことなく、もくもくと進むのみだ。
そうしていると、わずかだがゴールが大きくなってきた。
このわずかな変化を感じることがどれだけうれしいことか。
あとどれくらいの距離かなんて関係ない。
ゴールが我々の目の前に現れるそのときまで、歩き続けるだけだ。

いよいよゴールが現実のものになってきた。
スタッフがこっちに声をかけてきた。
「アレアレ!」(ゴーゴー)

お互いに走る気力はなく、ひたすら歩き続け、そしてゴール。
ゴールで迎えてくれたスタッフに向かって、喜びのあまり飛び込んでハグした。
彼もまたその喜びを一緒に喜んでくれた。
そして一緒にゴールしたマークとハグした。
またお互いに力強い握手を交わした。
「君にあえて、本当にハッピィだった。ありがとう」
俺はこの言葉を彼に伝えたくて仕方がなかったのだ。
本当にありがたかった。
こう告げると、目に涙がたまった。
目をそらして彼にばれないようにごまかした。
そしたら彼がハグをしてきてくれた。
本当にありがたかった。

リタイア21名
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/39-0b6ff58a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。