FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暗闇を駆け抜けて
偶然にも、サハラマラソン大会側の車がとまっているところで、彼は足をとめてなにやら話をしていた。

「そのまま話を続けていてくれ。
そうすれば追いつくことができるから
そしたら写真を撮ってください」

そう思っていると、追いつくことができた。
一緒に写真を撮ろうと声をかけると、彼もまた喜んでくれた。
そしてまたお互いのペースで別れた。
彼とはまた会えるに違いない。
そう確信できた。

彼と別れ、彼がなぜおれを呼び止めたのか、物思いにふけてみた。
このオーバーナイトステージは暗くなっても走る選手がほとんどだ。
できれば俺は暗闇の中を走りたくなかった。
夜は寒くなるだろうし、道に迷ったらと思うと不安でたまらなくなる。
隣国アルジェリアの病院のベットで見つかった選手も過去にいたと聞く。
また仲間ができずに、ひとり孤独で暗闇を進むと思うと恐怖だった。
だからこそ陽があるうちに、できるだけ先に進みたかった。

しかし早くゴールすればいいというものではないのだろう。
ふと同じテントで最高年齢選手の飯田さんのことを考えてみた。
彼女は、いつも真っ暗になってからゴールしていた。
ゴールで彼女の迎えるたびに、気温も下がって寒くもなるなか、毎日遅くまで走って大変だなあとしか思っていなかった。
しかし、彼女はたくさんの人と交流し、たくさんの素敵な景色を存分に味わっているのではないだろうか。
遅くなるごとに、心がとても豊かになっているのではないだろうか。
今見ているこの景色に対し五感を使って最大限に楽しむことができれば、それはなにものにも変えがたい貴重な財産になるのではないだろうか。
早くゴールに着いてビバーク地点の景色を見るのもよいが、がんばっているときのこの景色を見ているほうが何倍も価値があるのではないだろうか。

もしかしたら人生もこういうことが言えるのではないだろうか。
急いで結果を出す楽しみもあるが、大事なのはそこのたどり着くまでの過程であり、その過程こそが最高の財産になるのではないだろうか。
また心の豊かさとは、過程をいかに感じるかにあるのではないだろうか。

そう思うと、仲間ができずひとりぼっちで暗闇を歩いてもいいと思い始めていた。
そうなったら、その現状を受け入れて、そのときの感情を感じてみよう。

彼に会う前に比べ、気が軽くなり、身体がものすごくゆるくなっていくのがわかった。
この雄大な眺めはすごいな。
このような風景が見られることに本当に感謝だし、夕陽に映えるこの景色は涙が出そうになるくらいきれいだ。
しばし疲れを忘れ、感傷的になった。

そういえば、ドイツに住んでいる三宅さんから、ドイツ人の仕事に対する考え方をテントの中で聞いたことを思い出した。
「日本人は仕事が忙しいとプライベートを我慢するけど、ドイツ人はプライベートが忙しいと、どんなに仕事が忙しくても休むんだ。」
これもまた心の豊かさなのかもしれない。
 

このあたりから、蛍光スティックがコース上に現れはじめた。
コースは急激に左に折れ、そしてふかふかな急な砂地を降りはじめた。
これは夜中にはわからないよ。
蛍光スティックも見当たらない。
まず道に迷うな。
明るいうちに通れてよかったなあ。

山を降りると、ふかふかの土漠地帯で、ゆるやかな傾斜地を下っていた。
正面に夕陽が見え、すでに熱さはなく、すがすがしい夕方になっていた。
時間は6時30分だ。
夕陽を追いかけながら走った。
もうすぐ陽が沈む。
とても素敵な景色だ。
こんなきれいな夕陽をこの場所で見ることができるなんて本当に幸せだ。
応援してくれているみんなに本当に感謝をしたい。
いまこの場所にいられるのは、応援してくれてるみんなのおかげだ。
本当にありがたい。
感謝以外に思いつかない。

そして、サハラマラソンのメインイベント「ナイトステージ」が開幕するのだ。

こうなったら、暗闇での自分を受け入れよう。
たとえ迷ってもいいじゃないか。
ひとりで寂しくなってもいいじゃないか。
すべてのそのときを受け入れよう。
怖いものはなにもないんだ。
俺は空と大地とつながっているんだ。
そう思うと、身体が不思議と軽くなった。



すでに陽は山並の影に姿を隠し、夕闇が駆け足で追い抜こうとしていた。
CP3で大会側から配られた蛍光スティックを準備する。
後続のランナーの道しるべにするためだ。
スティックを貰うときに説明を聞いていたのだけど使い方が思い出せない。
どうしようか。
そうだ、他の人に聞いてみよう。
もしかしたら暗闇の中を一緒にいけるかもしれない。
ちょうどすぐ後方から選手がやってきていた。
足をとめ、さっそく彼に声をかけてみた。
「蛍光スティックの使い方、わかりますか?」
彼は足をとめ、俺のスティックをまざまざと眺めた。
そして、勢いよく折り曲げた。
すると、スティックの中の液体に化学反応が起きて光を放ちだした。
「ありがとう!」
さっそく彼は俺のバックパックの後ろに取り付けてくれた。
また彼も蛍光スティックを取り出すと、折り曲げで光らせた。
今度は俺が彼のバックパックの後ろに取り付けた。
そしてついに夜に追いつかれて、薄闇に囲まれた。

彼はヘッドランプをさっそくつけた。
俺も用意しようと、バックパックから取り出した。
そしていざスイッチを入れると、なぜか電気がつかなかった。
顔から冷や汗が流れた。
焦った。
故障か?
この暗闇をゴールまでライトなしでは歩けないよ。
前日に、三宅さんが電池をなくしていた。
バックパックから取り出しやすいところにライトを入れたので、知らずにスイッチが入ってしまったとのこと。
俺にも同じことが起きたのだ。
しまったな。
彼にお願いして、彼のライトでCP4までいけないかな。
しかし、まだやれることはありそうだ。
予備電池を持ってきている。
故障じゃなければ大丈夫。
ただ電球が壊れていたら終わりだな。

そう思い、薄闇であたりが見えないところ、手探りで電池をつかめた。
落とさないように慎重に取り出せた。
次はヘッドライトから電池交換だ。
小型のヘッドライトなので、作りがやわい。
手元が狂ってヘッドランプを壊さないように注意しながら電池をなんとか交換できた。
遂に緊張の瞬間がきた。
スイッチを入れた。

次の瞬間、ぱっと明るくなった。
いつも見慣れた光が現れたのだ。
よかった。
やはり取り出しやすいようにヘッドライトを外ポケットに入れていたので、なんらかの拍子に電気が入ってしまって電池がなくなったのだな。
砂漠に入った初日から省エネでライトを使っていたので、このナイトステージの途中で電池がなくなったかもしれないので、ちょうどよかった。
これなら朝までかかったとしてももつだろう。

ライトがようやく点いたので、あらためて彼と言葉を交わした。
彼の名はマーク。カナダ人で46歳。テントNo.46だ。
写真やジャーナリストとして、仕事をしているそうだ。
結婚していてお子さんもいる。
カナダでは、氷点下の雪景色の中、トレーニングを積んできたそうだ。
しかしマークもまた足裏にまめができて痛いそうだ。
まめのことを、英語で「ブリスター」という。
この大会では、この単語が一番使われるかもしれない。

ヘッドランプを点灯させると、周囲の暗さが返って目立ち、ライトに照らされた部分の足元しか見えなくなった。
ここからはヘッドランプの明かりだけがたよりだ。
夜空に星が輝いているが、新月なのか月は出ていない。
本当に真っ暗だ。
遠くに明かりが転々と見える
コースとは違う方向なので、人が住んでいるに違いない。
選手を導くために、CP4から緑のレーザー光線が虹のように放射されている
満天の星空の中、空を渡る光の帯。
とても幻想的だ。
CP4までは迷うことはないだろう。
足元だけが注意だ。

風は弱くなり、気温はますます下がっていた。
地面が硬い。
ここは塩湖平原だ。
まっすぐ走るだけなのだが、おれにとっては難所だ。
難所にかかれば己の弱き心を知らされ、ついつい昔のつらい経験へと連想は広がっていく。
CP4がまた遠いな。
光はいつになったら近づいてくるんだ。
でもレーザー光線はなぜまっすぐこちらに光を放たないんだ?
CP4からCP5にいく方角なのかもしれないな。

CP4まではマークと一緒に話をしながら進んだ。
彼は歩きで、俺は走り。
これが同じ早さなのだ。

彼との会話で、このひたすら長い直線は助かった。
そしてCP4が小さな小山に出てきた。
46.5キロだ。
ここを夜中の1時までに通過すればよいので安心した。
ここで夕飯だ。
マークと座れる地面を探して、一緒に座った。
おれはCP3で用意したご飯をさっそくだした。
さすがにご飯は冷えていた。
彼はパスタに水を入れ、完全じゃない状態でばりばり食べていた。

だいぶ気温冷えてきたので、防寒着も用意だ。
ここではたくさんの選手が食事をしていた。
ヘッドライトの光だけを頼りに食事だ。
大会パンフレットにあった写真と同じだ。
おれもあの写真と同じなんだ。
そう思うと感慨深いものがある。
テントで仮眠している人もいるんだな。

CP4を出ると、また緑のレーザーに向かって歩いていく。
CP5へはまっすぐだ。
腹ごしらえもすみ、元気回復。
がんばっていくぞ。

map4c
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/38-e2366a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。