FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラ砂漠のメンター
CP1では山崎さんと寛平さんにあった。
山崎さんとは、急斜面をのぼったことで共感しあった。
本当にありがとう!

CP1を過ぎると、次はだだっぴろい平原だ。
また荒野の真ん中を走るルートだ。
これもまたサハラマラソンの特徴だ。
さえぎるものはなにもない。
空は雲ひとつないいつもどおりの快晴。
後方から強い風が吹いていて、背中が押されるほど。

地面には小さい石がごろごろ転がっているが、それほどごつごつしていない。
車の走ったわだちには特に石は少ないので、そこを選手は走っていた。
太陽にさらされながら、黙々とジョギングペースで進むことにした。
寛平さんが後ろからやってきた。
「熱いな~」
「そうですね~」
そんな会話をし、並走したかと思うとあっさりと抜かれてしまった。
リズムよく飛ぶように走っていった。

CP2は平地を渡った先の山のふもとに違いない。
サハラの平地は山々に囲まれた盆地のようなところだ。
だから、余計に熱いのかもしれない。
遠くのほうに竜巻が発生し、迷走しているようだった。
気温がだいぶあがったな。
昼夜の寒暖の差がこれほどあれば、竜巻が発生するのは当然だ。
強烈な熱上昇風が発生している証拠だ。
春先は日本でも熱上昇風が激しくなるので、パラグライダーなど滑空機にはもってこいだ。
ここで空飛んだらすごいことになりそうだな。

岩山の山間にCP2が見えてきた。
23キロ地点だ。
CP2は大きな木々の間にあった。
ここまでは集中力を落とすことなく来ることができた。

CP2を出ると、遅れてスタートしたトップ選手に抜かれた。
本当に走っていた。
早すぎる。

次に、2、3位の選手が追い抜いていった。
目の前に盲目のランナーがいた。
すると、2位の選手が突然、足を止め、彼の肩に手を回し、声をかけ、2、3言の言葉を交わして走っていった。
当然、3位の選手には差をつけられていた。
トップ争いをしているのに、この紳士的な選手は一体なんなのだ。
格好よすぎるではないか。
なお彼は今大会の優勝選手となった。

山間を抜けると、また平地だ。
左手に緑の地帯が広範囲に現れた。
植物が群生しているのだ。
荒野の一部に見られる緑は、目を十分に楽しませてくれた。

この平地は白く、ひび割れている。
ここは塩の平地だ。
太陽が強く照りつける砂漠では、たくさんの水が地中から地面に上がってきて蒸発する。
地球上の大陸はもともと海に沈んでいた。
地中には塩分の混じった水分が残っている。
土の中で水分とともに塩分も上がってくるので、水分が表面あたりで蒸発するので、塩分が固まりとなって残ったのだ。
これが塩類集積だ。
植物の内部は塩分の入った水分でできているので、その根でまわりにある濃度の低い水を吸い上げることができるが、根のまわりにある水分にたくさんの塩分が溶けていると、水分を吸収することができず、しおれて最後には枯れてしまうのだ。
こうして乾燥地には植物が生息できなくなり、砂漠化の原因となるのだ。

そういえば、オレの唇もひび割れてきたな。
日焼けでくちびるがバリバリになってきたたのものな。
ちょっと血の味がするなあ。
出血しているかもしれない。
日焼け止めが汗で流れてしまうのだから仕方がない。

そうしながら進んでいると岩山が近づいてきた。
白い車が見える。
CP3か?
違った。
かなりごつごつした岩山だ。
あいかわらず砂に覆われている山だ。
盲目の選手が前方にいるぞ。
やっぱり足をとられながらなんだな。
岩に足を滑らせながらも、確実に登っている。
峠をこえたらまた下り。
この下りはふかふかの砂地だ。
CP1までの山登りで太ももがかなり疲労しているので、ゆっくり降りることにした。

次もまた平地だ。
砂地にとがった石が転がっている。
足の置き場所を選びながら走る。
あいかわらずCPまで長いな。
平原を歩き続け、ようやくCP3が見えた。34.9キロ地点だ。

ここまで道をまっすぐすすみ、山登りが二つ。砂の山登りが続いた。
トップの選手たちは次々と抜いていった。早すぎる。
時間は16時を回ったところだ。
明るいうちにどこまでいけるのか。
どこから暗闇になるのか。

CP3は平原のど真ん中。
スタッフの数も規模も小さい。
休憩用のテントもぼろだ。
とてもさみしいCPだ。
このステージはチェックポイントが6個あるので、スタッフが分散されているのだろう。
ここで蛍
光スティックをもらった。
折り曲げて発光させ、バックパックの後ろにつけるように指示された。
こうすることで後ろのランナーの道先案内人になるわけだ。
とうとうナイトステージがやってくるということだ。
「夜が楽しみになってきた~!」
と心の中で叫んでみたが、不安でたまらない。
ここままだとCP4で夕食だな。
メニューではご飯200gにしたけど、100gがよさそうだ。
翌日の昼にと思っていた100gのご飯に水を入れ、水がこぼれないようにバックパックにしまった。
これで次のCPでご飯が食べられるのだ。
ご褒美を作っておくと、気持ちが折れそうになったときにふんばれる。

CP3を17時過ぎに出発した。
太陽はあと2時間で沈むに違いない。
CP3で15分くらい座って休んだせいか、足の筋肉が硬直してしまった。
太ももが筋肉痛になっている。
足が棒のようになっていて思うように動かない。
ジョギングで身体をあたためて筋肉をほぐしながらゆっくり伸ばしていくことにする。
風がかなり強い。
日が暮れると涼しくなるに違いない。


CP3を過ぎたらまた同じ平原を進む。
左の山が近づいてきた。
前方の選手たちが左の山に向かって歩いている。
また峠ごえか。
この山もがればの山だ。
かなり大きな規模の山だ。
また山登りだ。
このあたりの山は峡谷になっている。
まるでグランドキャニオンみたいだ。
山の背中を歩いている。
まるで大地の上を歩くようだ。

陽がだいぶかたむいてきたな。
このペースでいくと夜中にゴールできるか。
がんばってペースを維持して走ろう。


そう思っていた登山中の道で、足をとめて写真をたくさん撮っている年配の選手に
「写真をとってあげよう!」
と声をかけられ呼び止められた。
そして、
「我々にはたくさん時間があるじゃないか。
どうしてみんな急いで行こうとするんだ。
こんな壮大な景色は二度と見ることができないかもしれないんだ。
もっとゆっくり見ようよ!」
と、とても人生を楽しんで生きている人のように語ってくれた。

彼はハイデルベルグに住んでいるドイツ人で、サハラマラソンははじめてとのこと。

ふいに熱い温度を持ったものが自分の内部からこみ上げてくるのを感じていた。
これほどうるおいを持った感情がまだ自分の中にあったのかと思った。

ここはグランドキャニオンのような断崖絶壁な場所で、危険ではあるが、すばらしい景色だった。
俺は脚を止めると、動くのも忘れて夢のようなその光景を見つめていた。
この景色は一朝一夕にできるものではない。
人類の足跡よりもはるかに長い。
数百万年という歳月が少しずつ作り上げていった景観だ。
知識のないものが眺めてみたところで、単なる岩山にしか映らない。
しかし、その裏には大地と雨が織り成す自然のドラマが隠されているのである。
一生忘れることのない光景のひとつになるだろうな。

この大会は経験者が有利にならないように、毎年コースが変わる。
見る景色すべてが二度と見ることができないと思ってみているつもりだった。

そんな考えのできる自分を好きになっていた。

あとは身体との対話だ。
俺の足は歩いたら筋肉が冷えてさらに硬直してしまうので、がむしゃらに走るのではなく、ジョギング程度のスピードで進むことにしよう。

山に隠れようとする陽に向かって、さらに山を登りが続いた。
先行く選手が太陽に隠れて、芸術的だ。

登った山を降りる下る道に入った。
このポイントは実にわかりにくい。
ユーゲンが前にいるから、コースが分かるのだけど、ひとりだったら道に迷いそうだ。
暗闇ではなおさら迷うかもしれない。
のりちゃん、大丈夫かな。

そういえばユーゲンと一緒に写真を撮ることを忘れていた。
彼は俺とあったあと、先にいってしまったのだ。
彼は結構足が早い。
どうしても彼と一緒に写真がとりたい。
俺にとって、彼はメンターだ。
このまま二度と会えなくなるのだろうか。
それもまた一期一会なのかもしれない。
でも、やはり一緒に写真を撮りたい。
また再会したい。

map4b

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/37-910eeb8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。