FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試練のオーバーナイトステージスタート
4月2日:(サハラマラソン:レース4日目:75.5km)

激しくばたばたはためく音で目がさめた。
テントがサハラ特有の強風ではげしく揺らされている音だ。

あたりはまだ真っ暗。
明け方まではまだまだ時間があるようだ。
砂まじりの強風が顔に吹き付け、砂だらけ。
時間がたつと、さらに激しくテントがはためく音に変わった。
テントの端の方のつい立用の棒が倒れたのだ。
寝付く前は、あんなに静寂だったのに。
これが砂嵐なのか。

そのとき、ふと脳裏に自分の旗のことがよぎった。
入り口に取り付けた日の丸の旗は大丈夫だろうか。
この強風で激しくはためいているに違いない。
みんなに寄せ書きしてもらったこの旗はなんとしてもゴールまで持っていきたい。
しかし、針金を巻きつけたあの取り付け方だと飛んでいってしまうかもしれない。
寝袋から這い出して回収しようか。
しばらく考える。

いや、この日の丸はみんなの想いが詰まっている。
そう簡単に飛んでいってなくなるものではない。
たとえ飛んでいったとしても、絶対に俺の手の戻ってくる。
おれが信じてがんばっていれば、離れていくことはないのだ。
そう信じるのが俺の役割だ。

次の瞬間、
「がちゃがちゃがちゃん」
テントの支柱が倒れた音だ。
テントが潰れたのだ。
頬に何か冷たいものが触れた。
テントの生地だ。
テントが潰れて冷たい生地が顔に触れているのである。
同じようにテント全員が声を出し始めた。
みんな目を覚ましていたのかもしれない。
「テントどうしましょうか?」
「ベルベル人来るか、わからないですしね」
「このまま寝ちゃいましょうかね」
この嵐の中、われわら素人がテントを修復には大変だ。
また明日のレースもあるし、今はしっかり休んでおきたい。
そんな思いがみんなにあったのか、そのまま寝ることに合意した。

そして朝になった。
日の出前に起きた。
 日の丸が気になって取り付けたところを見ると、日の丸がなかった。
どこまで遠くに行ってしまったのだろう。
あのとき、寝袋から這い出して回収すればよかった。
後悔の念が心に落ちこもうとしたとき、三宅さんが
「風に飛ばされると思ったので、回収しておいたよ」
と日の丸を渡してくれた。
よかった。本当によかった。
この日の丸はついている。
 心底うれしくて、飛び上がった。
この旗はゴールまで導いてくれると確信した。
なくなったのは靴下が片側だけ。

ステージ4は75.5キロ。
2日間を通したノンストップステージ。
サハラマラソンのメインとも言えるステージだ。

スタート地点から46.5km離れたところに設けられたCP4まで午前1時までに到着しなければならない。その後は、どこかで睡眠を取ってもよいし、睡眠をとらずにゴールを目指してもよい。
今日は、平均25%勾配の峠越え、そしてCP1。あとは順にCP6まで進んでゴールだ。

map4a


また今日もスタート地点から大音量でいつものハードロックだ。
みんなが準備を終えるなか、俺だけ片付けが遅れていた。
まだトイレに行ってないよ。
そう思って、いつもの野糞から戻ってくると、テントの仲間は移動をはじめていた。
今日一日は長くなるし、準備をしっかりしてからいこう。
第一、スタートだってまだ時間に余裕あるし。
そう思うと、焦る気はぜんぜん起きなかった。

今日のスタートはいつもと雰囲気が違った。
まず、トップ50位まではスタート時間が3時間くらい遅いこともあり、声援を送ってくれる選手がいた。
また今日一日が長くので、お祭りのようであるし、やる気もみなぎっていた。

今日も誕生日の選手をお祝いし、いよいよサハラマラソン、メインステージがスタートだ。

せっかくだから最後方から行こうと、山崎さんと決めた。
一番後ろは、はじめからゆっくりなんだな。
はじめから歩きなんだな。
はじめから歩きだと、ゴールまですごく長いな。

最後尾にはちゃんとラクダが2頭ついていた。

じょじょにペースを上げ、飯田さん、村上さん、宮田さんと順に、併走しながら写真を撮り、ゴールで会おうと握手をかわした。

みんな笑顔で余裕があった。
まだはじめなので当たり前か。
しかし、このステージは山場なので、どこかに緊張感も隠されていた。

そして、みんなとわかれ先に行くことにした。

でこぼこしているふかふかな砂地に入った。
前の選手の影響で、砂埃だらけた。
また足をとられて時折バランスを崩しやすかった。

まばらにある植物を越えると、左手に山々が近づいてきた。
上に行けば行くほど急激な斜度だ。
この山もまた禿山で、岩石が露出していた。
また砂が風に吹き付けられたのか、裾野ほどなだらかに砂が積もっている。

前方に視線を向けると、選手の列はどうやら左手の峠に向かっていた。
またサハラマラソン恒例の山登りだ。
しかし、この峠が平均25%勾配の登り。
サハラマラソンで一番急勾配の登りなのだ。

登りが始まると、そこにはドッチボールくらいの石が転がる砂地だった。
朝に服用した痛み止めの薬が効いているのか、足裏の痛みはない。
しかし、ここで無理すると足裏を悪化させるので、石に足指を強打しないように砂地を選びながら足を運んだ。

登りはじょじょにその勾配を増していった。
サハラ砂漠特有のパウダーサンドをかぶった背の高い岩山に差しかかった証拠だ。
選手も列になり、つづら折りに登りはじめ、走るものはいなくなった。
地面の砂は、その層の厚さから足を踏ん張るともろくも崩れた。
急勾配でこの砂地なので、どの選手もペースは落ち、一歩一歩確実に登っていた。

この山道には砂がどっしりと堆積していて、多くの選手はその縁の岩石地帯を登っていた。こちらがメインか。
しかしメインルートは狭くて1列で登っている。
渋滞していた。

すると渋滞を迂回し、どっしり堆積している砂の上を歩くルートを数人が進んでいた。
このルートはさらに砂が深く、また強風にさらされていた。
転がり落ちると、下まで止まることはないだろう。
かなりきわどいルートだ。
風で砂が舞い上がるのが見えた。

先行する山崎さんがメインルートに目もくれず、そのルートを選んだ。
どちらのルートがいいか。
自分の得たい感情はどっちか。
心臓の鼓動がどきどきした。
きわどいルートに行かずにはいられなかった。

このルートは想像を絶するものだった。
後戻りはできなかった。
風がバックパックを横に押し、身体が倒れそうになった。
身体をできるだけ低くして、あおられないように注意した。
ほとんど手を砂地に着いてのぼった。
こうして絶えず身体を張って風と闘った。
強風の雪山の稜線を登るような錯覚を覚えた。
ここでバランスを崩した落ちれば命はないな。
足場がすり落ちて滑ったらどうなるのだろうか。
嫌でも緊張感が走った。
命がけだ。
足を運ぶと、砂が柔らかいのでふんばりがきかず、ずり落ちる。
ずり落ちる分を考えて、大またで進むしか方法はないか。
一歩一歩、足を進めては、息が切れ、立ち止まって息を整える。
太ももがぱんぱんだ。
そしてまたアタックだ。
分厚い砂の層が足を滑らせ、思うように前へ進めない。
心臓を酷使して、最後のひと登りを何とかこなした。
恐怖に打ち勝った喜び。
そしてやり遂げた達成感。
最高にうれしかった。

岩盤にたどりつくと、メインルートからの選手たちと合流した。
次に滑落防止用のロープが大きな岩盤に横に張ってあった。
歩く場所は分厚い層の砂地。
そこで滑落したら、また命はないか。
前の選手に続いて、両手でしっかりロープを握って俺も横にトラバース。
山頂まではまだあった。
次の登りでもまた分厚い砂の層だ。
今度は上に向かって滑落防止用のロープがのびていた。
ロープをつかみながら砂地に足を滑らせないように両腕で登った。
この岩山は山頂まで砂地だ。
辛かったが、感情の起伏が大きい分だけ楽しかった。
達成したから言える言葉だ。

雄大な眺めは、しばし疲れを忘れさせてくれた。
登りでは、展望の利く風景だけが気晴らしになる。

次はくだりだ。
一見楽に見えるが、下りのほうが実は足への負担は大きい。
レース前半のこの登りでかなり足の筋力を使ってしまった。
太ももがぱんぱんになっている。
ゴールまで気力と体力はもつのだろうか。

砂地の下りを歩き出すと、岩盤に変わった。
この下りもまた急斜面だ。
岩盤の合間を下りるルートだ。
足の踏ん張りが利かなければ転んで岩盤に強打して怪我をする。
捻挫や骨折が起きるかもしれない。
全身の血の気が引いてゆく。
しかし、ここはチャレンジしたかった。
岩盤をゆっくり下りると、足裏に力が入るので、足裏の皮がさらにはがれる。
痛みで踏ん張りきれないかもしれない。
バックパックのベルトをぎゅっと締めた。
そして勇気を出して走りはじめた。
恐怖で腰が引けると転ぶ確率が高まる。
ルートはくねくねして、先がなかなか見通せなかった。
ここは川の跡なのかもしれない。
コーナーでは足裏で岩のとんがりを感じ、痛みが走る。
痛みとともに熱さも覚えた。
スピードに注意しながら飛ぶように走った。
下りはこれまでのものより長く感じた。
勾配が急だっただけに高さもあったのだろう。
気持ちよく下っていると、とても気持ちよかった。
足と靴が仲良くなれた瞬間だ。

そしてようやく道がひらけた。
ついに下りも成し遂げたのだ。
信念さえあればなんでもできるのだ。
最高にうれしかった。

次は折り重なる砂丘だ。
岩盤で疲労した足裏を休めるには最適だった。
左右どちらにもこの砂丘が広がっていた。
気温もだいぶ暑く感じられた。
気を紛らわせようと、景色に見とれながら走った。

砂丘も終わりになるとき、前方にCP1が見えた。
まずはCP1だ。
12.5キロ地点だ。
着実にひとつずつクリアしていくぞ。
まだまだ元気だ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/36-78597353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。