FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラの寄付の村
サハラマラソン2日目のCP2を過ぎた。
目指すは10キロ先のCP3だ。
途中に寄付の村がある。

ここはみんながオレに預けてくれた文房具類やTシャツを子どもたちに寄付する村なのだ。
一体、どんな村なんだろう。
どんな子どもたちが受け取るのだろう。

サハラマラソン日本スタッフの松永さんとみさこさんは、どんな風に渡すのだろう。
その場にいられなくて残念だな。

map2b


出発すると、前方に直径10mほどの竜巻だ。
風がないせいか、かなりの時間、一ヶ所にいて動きが見えない。
注意しながら歩いていると、小さな砂丘を登っていき、タマリスクの木々を強烈に揺らして去っていった。
こっちにこなくてよかった。
竜巻はいたるところで発生しては去っていった。
この乾いた大地で気温が上昇しているためだ。
地球の大気が運動しているためなのだ。
この大気循環がないと、生物は生きていけないのだ。

広い荒野だ。日差しが強くて風がない。
足が痛くて、ふくらはぎに疲労がたまっているので、歩いて進むことにする。
まだまだ先が長いので体力温存だ。
でこぼこの地面が延々と続いた。
どれだけ歩けばいいのか。
また自分との対話が始まった。

疲れが足に表れ、そして足の裏の皮がずれることが感覚でわかった。
靴下を1枚にしたので、くつの先端部分は楽になったが前後方向へゆるくなってしまい、くつずれが起こりはじめたからだろう。
でこぼこ地面に足を運ぶと左足の足裏から大きな針で刺されるような痛みが走り始めた。
まだ先は長い。
次に乾燥して硬くなった地面が現れた。
さらに左足裏から激痛を感じる。
おれの足裏はどうなっているのか?
どうなっているから激痛が走るのか?
右足は大丈夫なのか?
両足裏がすべてはがれてリタイヤした選手が過去にいたな。
しかし一歩一歩足を運ぶのに精一杯で、痛み以外はなにも考えられなくなっていた。

 後ろ向きな気持ちになろうとするとき、きまって自分に問いかける言葉がある
「今、おれはなにを感謝しているか」
 そうすると、いろいろな答えが頭に浮かんでいる。
 家族のこと、仲間のこと、会社の同僚のこと。
 またサハラのすばらしい景色に出会えていることやスタッフのおかげで走れていること。
さらに元気でいられること、生きていられること、生まれてきたこと、生命がつながってきていること。
そんなことを考えるたびに、本当にありがたいと心から浮かんできて、まだまだがんばるという気持ちになり、元気が湧いてくるのだ。

 そうしていると遠くに緑が見えてきた。
だんだん緑が近づいてきた。
畑が出てきた。集落の気配だ。
 すると、土作りの家が出てきた。このあたりの家は土のブロックを重ねたようで、赤茶色の壁に平らな屋根。ガラス窓などなく、壁に四角く開いているだけだ
 あそこに人は住んでいるのだろうか。
 遠くに、さらに大きな土作りの家が出てきた。

 上り坂が現れ、二人の子どもが選手の両手を握って、上まで引っ張っていた。彼らの遊びなのか?
 自分もまた50mくらい彼らに手を引っ張ってもらった。
 笑顔でありがとうと伝えたら、はにかんでくれた。

 丘の上にくると、いろんな国旗があがっている建物が出てきた。日本の国旗もある。
 ここはCP3ではないのか?

 建物の前には大勢の村人が座っていて、こちらを見ている。

「アッサラームアレイクン」

と声をかけてみた。

「サラーム」

とみんなが笑顔で言ってくれた。


「うれしいな~」


とそのとき、紳士風の背の高いひとりの老人がオレに握手を求めてきた。

「なんだなんだ?」

しばしば足をとめてみた。
彼は、現地の言葉でとても丁寧になにか言っているようだ。

言葉の意味はわからないが、感謝を伝えようとしているようだった。

「おお!大会カメラクルーも撮影しているぞ!

 そうかあ!ここが井戸や文房具やTシャツを寄付するジェダイド村(Jdaid)なんだな。

 彼は村長さんだったのかなあ」

セレモニーがちょうど終わって外に出てきたところだったようだ。


「いいタイミングで通過できてよかった~!」


村を過ぎると山のふもとにCP3を見ることができた。
足取りが少し軽くなり、先を急ごうとすると、さらに早い集団がおれに追いついた。
大柄なオーストラリア人たちだった。
さすがに足が長いと、ペースがはやい。
ひとりの女性が、俺の日の丸の旗を見て

「寄せ書きがたくさん書いてあるこの旗が好き」

と言ってくれた。
わかってくれるんだな~。

「ありがとう!」

と返事をしたら、涙が出そうになった。

「みんな、ありがとう」

CP3に着くと、小さなテントがあってしばし一休みだ。
ここで澤村さんと再会。
ペットボトル1本をもらったが、残り5キロなので、背中に水を半分くらい入れ、先を急ぐことに。
CP3を出ると、300mの山登りが待っていた。
がれ場と砂地の混ざり合ったところで、道などはなかった。
ここまでくると、マラソンというよりトレッキングと呼んだ方がふさわしい気がする。

一歩一歩、大地を踏みしめるように登った。
この登りは大変だ。
そして峠を登りきった。
気合を入れるためにほえてみた。
峠のくだりは、砂地で気持ちがよかったが、疲労もあってペースがあがらない。
谷を下り、水のない川の割れ目とごつごつした地面が繰り返され、いやおうなく足にダメージを与えた。

山みちを走るトレイルランをあまりやっていないため、アスファルトのマラソンに慣れすぎて足をあまりあげて走らないフォームがあだとなり、石につまづくことが多く、足指のつめに激痛が走った。
このがれ場は、踏んでも痛いし、蹴飛ばしてもいたい。
 親指のつめを強打し、痛くなってきた。

 足を踏み出すごとに、どこへ着地したら足が痛くないか、瞬時に見極めなければならず、その判断に頭の中が忙しくなり、ちっとも気が抜けない。
しかしレースの後半では集中力は長くは続かない。
次第に頭がぼーっとして、意識が朦朧としてくる。
そうしたとき、石につまづいた。
「痛い!」
右の親指の指に激痛が走った。
そして前のめりになって倒れそうになるところ、左足を出して耐えた。
「痛い!」
今度は踏ん張った左足裏でとがった石を踏んでしまった。
はやくこの地帯を脱出したい。
ただそれしか考えられなくなっていた。

このごつごつした地面は地獄のようだった。
いつまで続くのか。
山間を進む最後のコースは、山肌に隠れてゴール地点がなかなか現れない。
集中力がかなり切れていた。

15時50分、平地の岩場のフラットは足がくじけそうになって、足裏がとても痛い。

しかし、足をとめなければいつかはゴールに着くもので、ようやくゴールが見えてきた。
とそのとき、後ろから知った声が。
アメリカ人のジェフだった。
「一緒に行きましょう」
と声をかけてくれたが、2、3歩走るだけで、追いつくことはできなかった。
 
先にゴールに着いたジェフのうれしそうな姿を眺めながら、最後に力を振り絞って、ようやくゴールにたどり着いた。ビバーグ3に到着だ。
しんどいステージだった。
夕方5時かあ。ほにゃ時間もかかるとはなあ。

リタイア6名

テントについてシューズを脱ぐと、予想通り足裏の皮がはがれていた。
理由は大きめのシューズに対してソックス2枚履きで対応したのだが、初日の後半からシューズがきついと感じたのでソックスを1枚脱いだのだが、これによって靴擦れが起きてしまったのだ。
診断を受けるために、クリニックに行った。
目の前に並んでいた外国人の足はかかとのところが靴擦れで剥がれていて、赤く見える皮膚は膿んでいるらしく、傷口が見えなくなるくらいの大量のハエがたかっていた。

 クリニックに行くと、大量の消毒液で足を洗うことができた。
足はビバークにあるクリニックで治療が可能だ。この大会は、ボランティアで40人のドクターが参加し、クリニックでは常時10人のドクターが嫌な顔ひとつせずにやさしく治療していた。なお、ここは野戦病院?と思うほど、レースが進むにつれ患者の数は増え、傷口にはハエがたかり悪化していくのだった。

 クリニックでは足の治療をやさしくしてくれる。国境なき医師団のようなボランティアスタッフだ。足のまめの端っこに穴を開け、そこから赤チンのような消毒剤を流し込み、ガーゼと包帯でおしまい。痛み止めの錠剤ももらった。
 星降る夜に、これまで主催者が撮影したレースの映像およびテレビ放送の映像に関する上映会。

 明け方近くになって、きんきんと音をたてそうなほどの寒気が寝袋の中の私の身体を締めつけ、目が覚めた。
 寒すぎる。
 気温8度までのこの寝袋が寒いということは、外はもっと気温が低いのか。
 このまま朝を迎えるのでは、風邪をひいてしまう。
 寒さを防ぐものを寝ぼけた頭で必死に考えた。
そうだ。サバイバルシートが使えるかも。
 サバイバルシートは必須携帯品のひとつだ。
ただのぺらぺらのアルミシートのようだが保温力があるのた。

寝袋から腕を出すと、寒気が寝袋に入ってきた。
急いでバックパックからサバイバルシートを取り出した。
 サバイバルシートは握りこぶしくらいに折りたたまれているので、広げるのが大変だった。
 身体にそれを巻きつけ、寝袋に入った。
 体温を保持するサバイバルシートで、徐々に身体があたたかくなったきた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/33-c34845c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。