FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラマラソンはちっとも楽じゃない
3月31日(サハラマラソン:レース2日目:38km)
朝起きると顔は砂だらけだった。
夜に吹いた砂まじりの風が、顔に当たっていたからだ。

サハラマラソンのフランス人スタッフがテントに来た。
慣れない英語で、今日のスタート時間は9時だと告げていった。
朝8時で気温20.8度、湿度31%だ。

今日は昨日より7キロ長い38キロ。
フルマラソンより短いのでアスファルトなら5時間くらいのペースでと思うのだが、昨日の30キロで7時間弱の時間がかかっているのだ。
今日は8時間はかかるな。
制限時間は10時間。
時間を気にしなくてもよいな。

今日は南西の方角へ小さい砂漠群を越えてCP1まで12.1キロ。西に進路を変えて塩湖平原を越えてCP2まで24キロ。南西に進路を変えて、井戸や文房具を寄付する村に入ってCP3まで33.5キロ。山を越えてゴールまで38キロだ。干上がった川、草木地帯、塩湖平原
砂丘よりは楽だとタカを括っていたが、すぐにそんな考えは甘いと悟る。

map2a


前日からくつ先端部の上下方向が窮屈になっていたので靴下を1枚にした。
今回で23回目のサハラマラソンなので、朝8時集合でスタート前に、選手で23の数字の一文字を作り、上空からヘリコプターが記念撮影だ。

天気は雲ひとつない晴れ。
スタートして干上がった川を左に見ながら砂利地帯を進む。
まばらな砂丘地帯に入ったところで、山崎さんの背中を確認できた。彼もゆっくり走っていたので、一緒にCP1を目指すことにした。
砂丘地帯も終わり砂利になり、干上がった川を越えると、でこぼこの地形になった。
さらにゆっくり走り続けると、干上がった川を渡り、草木地帯だ。

陽が高くなるにつれて気温が上昇している。
風がほとんどない。
気持ち悪い汗が大量に流れてきた。
はやくも疲れが現れているのだろうか?
干上がった川底に散乱するごつごつとした固い石が、足底をダイレクトに襲い、草木地帯に生い茂る草々はどれも棘だらけで、油断すると足に切り傷を刻んでゆく。
ふと気がつくと、昨日のステージで見かけたような外国人選手が目に付いた。同じペースのメンバーが固定されてきているようだ。
 バックパックに日の丸を付けているおかげで、外国人から
「ジャパン!」とか「こんにちは!」
など声をかけてもらい、そのたびに挨拶を交わし元気をもらった。
またカメラを向け、一緒に撮影してくれる選手もいた。
オレは笑顔を振りまくだけで、自分のカメラを用意することはなかった。

バックパックの水がなくなった。
予備ボトルに切り替えた。
遠くにCP1が見えてきた。
ラクダの親子が草を食んでいるのを見つけた。
CP1までは土漠で背丈を越える植物もあちこちに見えて走りやすかった。
CP1では三宅さんが出発して行く姿を見送りつつ、山崎さん、澤村さん、林さんと会えた。仲間と会えると元気がよみがえってくる。

CP1で水1.5リットルをもらい、休みながら水をバックパックに入れて出発した。
CP2までの間に干上がった塩湖があるので、これが目標だ。
土漠なので走ることはできるのだが、身体が重いからか、集中力が切れていたのか、走ることができなかった。
植物が茂っている地域だったが、そんな景色にも飽き飽きしていた。
 そんな後ろ姿を見かねているのか、歩きが早い外国人が声をかけては、追い抜いていく。
自己紹介して、どこに住んでいるかなど、たわいもない会話をし、写真を撮っては別れていった。

小さな丘に囲まれた谷を抜け、干上がった川を越える。
川の跡がいくつもあるが、一体いつの川なのだろうか?
雨季には川になるのだろうか?
地平線に向かってひたすら歩く。
気持ち悪い汗ができている。
熱い。
地元の子どもたちが手を振って笑顔を振りまいてくれる。
「サラーム」
とあいさつし返した。
言葉はわからないが、こういうやりとりはちょっと元気回復になる。

時間は昼どきだ。CP1とCP2の間くらいだろうか。
12時の気温は36.8度。湿度18%と発表されたが、体感ではもっとあるように感じられた。
風もほとんどない。
熱い。
パワーバーとジェルが飽きを防いでくれるが食べてしまった。

遂に塩湖平原だ。白っぽくてでかい。
アルジェリアやチュニジアに見られる塩湖は 海水とは関係なく 砂の下が 岩盤のため 雨水が1箇所に溜まり そこへ周り砂の成分が流れ込み これが乾燥して蒸発して その土中の塩分が 噴き出して結晶となったものである。 結晶ができるまでには 4-5千年かかる。 塩湖のことは 一般 にショット、水がなくなり 塩が浮いた平原のことをセブハと呼ぶ。 アトラス山脈の降雨量が比較的多いため サハラ北部には ショットが多く 南へ下がるほどセブハが多くなる。

遠くには30頭くらいの動物がいた。ヤギか?
遊牧するにしても、人影が見えない。
ほんとうにでかい。
遠くにCP2は見えない。。。
本当に塩なのか?
なめても土の味しかしなかった。
ただ地面を見れば、それがひび割れ、所々が細かく捲れ上がっていて、水が干上がったのがわかる。
周りに見える山は本当は何色なのか?
しかしこれはサングラス越しの色だ。
ゴーグルをはずしてみた。
まぶしすぎる。
周りに見える山は赤茶色だ。

ゴーグルがまるでダイビングをしているかのような錯覚を起こし、暑さを感じなくさせているのかもしれない。
ゴーグルをはずすと、目でも温度を感じるのだろうか。
熱いことがすぐにわかる。

照り返しが凄かった。塩によって白く染まった大地は乾ききっていて、所々が細かく捲れ上がっていた。私が歩を進めると煎餅のようにぱりぱりと小気味よく割れていき、砕けた破片が次々と私の足裏を刺激した。

とそのとき、動物の骨が無残に残されていた。
体力が尽きて死んでしまったのだろうか。
砂漠での過酷さを垣間見た。

少し歩くと、今度はかわいらしい黄色い花を付けた植物が出てきた。
足を進めるほど、その数は増えてきた。
ここに雨が降ったに違いない。

深さ3メートル近い干上がった大きな川の裂け目を手を使いながら登り、さらに砂漠地帯を抜けた。

ついにCP2が見えてきた。ラクダの牧草とタマリスクの木々を歩いている。
このでこ道の山あり谷ありの勅物が生い茂っているところは、足裏ダメージがきていて、両足の小指に痛い。
CP2だと思ったら車だった。

しばらく歩くとCP2が見えてきた。思ったより砂丘は足がもつれて走れませんが、歩いて向かうことにする。
 
タマリスクは、砂漠にあるギョリュウ科の落葉小高木(ブッシュ)の総称で、広大な砂漠にも限りがあると告げている植物。水のあるところや人が住んでいるところ(オアシス)が近いという事を告げている植物だ。
砂漠に横断している者やそこで生活をするものにとって、その命に希望の火を灯してくれるのかも。

ラクダの歓迎されながら、ようやくCP2まで来た。ここまで24キロ。時間は午後1時だ。
ここで、ペットボトル2本をもらい、朝に用意した玄米ご飯100gを食べ、エネルギー補給だ。林さんと澤村さんとも会えた。ふたりとも疲れは見えるが余力は十分だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/32-0f1cb9d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。