FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラマラソンの1日目が終わっていく
サハラマラソン一日目のゴール地点のビバーグ2で、ペットボトル3本をもらい、テントに戻った。
さて、今日のテントはどこだろうか?

テントの番号はいつも同じなのだが、配置が毎日変わるのだ。
3本のペットボトルを両腕で抱え込みながらうろうろしていると、今日の我が家のテントを発見!

先に帰っていた三宅さん、関さん、澤村さん、間さんと握手。

みんな疲れているはずなのに、なぜか会話が弾む。
7日間の初日だから、まだまだ力を温存していることには違いないが、それ以上に、待ち望んでいた砂漠を走ったことと、ゴールしたことで疲れが吹き飛んでいるのだ。

荷物を降ろして、上着を脱ぐと、手首から先が赤く日焼けをしていた。
ここでの日焼けは軽いやけどになりそうだってので、できるだけ肌が露出しないようなウェアを選んだ。肌が露出しているのは手の甲だった。
顔と一緒に手の甲にも日焼け止めを塗ったが、だめだったようだ。
日陰もないし、こんなに陽射しが強いのだから当然だろうな。

この大会ではビバーグでいろんなサービスが提供されている。
メール配信や国際電話、けがなどの治療のだめのクリニック。
メール配信のサービスでは、メールを一通までは無料で送ることができる。
さっそくメールができるテントに行くと、俺たちが寝ているテントとは違って、四方囲まれ、風が吹いても潰れないように頑丈そうにできていた。
その入り口から10人くらいの人が列になって並んでいた。
彼らの格好は、上半身裸にサンダルの姿ばかり。
ここは休息するための場所なので、楽な格好をしていた。
みんな充実したいい顔をしていた。
テントの中には10台のパソコンが置いてあった。
パソコンの前に座ると、事前の説明どおり、日本語フォントはなかった。
アルファベットで今日のレースを振り返りながら、その模様を書いた。
そして、応援してくれるたくさんの仲間にメールを送るために、メーリングリストのアドレスを宛先に入力し、送信ボタンを押すとエラーが出た。
日本で何度も記入ミスがないようにチェックしたメールアドレスだったので、どうやら宛先を認識しないようだ。
仕方がなく、メーリングリストを管理している仲間にメールを送った。
このメールが迷惑メールとして処理されるとは知らずに。。。


靴下と下着を水で洗って干した。洗い方は、ビニール袋に衣類を入れ、貴重な水を流し込む。じゃぶじゃぶと袋の外からもむ。洗剤は水を大量に使うのではじめから用意しなかった。
はじめのひともみで、水が一気に濁った。
サハラの砂がどんどん出てくるのだ。
それだけ粒が細かいのだ。

洗い終えると、予備の安全ピンでテントの生地に取り付ける。
これなら風が吹いても飛ぶことはない。
空気が乾燥しているので、すぐに乾くに違いない。

そして夕食の準備だ。
早く帰ってきた関さん、三宅さん、林さんが薪集めをして火をおこしていた。
薪と言っても、それにふさわしい枯れ木となると、そう簡単には見つからないはずだ。
疲れた身体で遠くまで行って拾ってきたそうだ。

その薪をありがたくもらってライターで火をつけた。
さすがに乾燥しているだけあって、すぐに火がついた。
さっそくコッヘルに水を入れて火にかざしてお湯をわかすことに。

サハラ砂漠をはじめて教えてくれたピーター・セージ氏は生煮えのパスタを食べて下痢になり、レースでは大変苦しんだと言っていた。
その教訓があたまからはなれずにいたので、お湯がしっかり沸くまで待つのだ。

そして、おなかが減っていようとも食事がちゃんとできあがるまで待つのだ。
これも健康管理だ。

初日の夜ご飯は、メニューどおり五目御飯200gとカルビ丼だ。
五目御飯のパックに、フリーズドライのカルビ丼を入れ、お湯を注いだ。
そして10分間の辛抱だ。

10分が経過し、さっそくパックを開けてみた。
湧きたてのお湯を入れただけあって、中までほかほかだ。
お湯はお米が吸っていて、みごとに完成していた!

持参したスプーンでさっそく一口頬ばることに。
お米がなんとおいしいことか。
身体が食事を欲していることがわかった。
濃い目のカルビ丼がこれまたとてもおいしかった。
生きている実感を得ることができた。
身体のすみずみまで、生き返る感じだ。
これが今日の体力回復になり、また明日のエネルギーになるのだ。
しかし、普段のレース後の食糧としては物足りない。
いつもは自分へのご褒美もあって、焼肉などをたらふく食べていた。
食糧を制限して食べる。これがサバイバルレースなのだ。

逆に、間さんは今日のレースでバックパックの重さが相当身体こたえたようで、軽量化するために食糧を見直していた。
食糧はカロリー制限があるのだが、カロリーに余裕を持っていれば減らすことは可能だった。彼は最終日までの日数を考え、余分になりそうなものを捨て始めた。

夕陽が落ちる景色がものすごくきれいで、生きているということのすばらしさを感じた。

あたりが暗くなっても、戻ってこない仲間がいた。村上さんと飯田さんだ。

「ゴールまで迎えにいかない?」

仲間に誘ってみるや、先にゴールした仲間6人でゴール地点まで行くことになった。
やぱりみんなが仲間の帰りが心配なのだ。

ゴール地点にいくと、まだ姿はなかった。
戻ってくることを待つことにした。

しかし姿がなかなか見えないので、ゴールから先に歩くことにした。
あたりは薄暗くなってきた。

なかなか姿が出てこない。
大丈夫かな?

陽が沈んでいった。
そうしていると、遠くから人影が現れた。
暗いのでシルエットしか見えない。

そのシルエットが近づいてきた。

「おお!あれは、のりちゃんとくみちゃんだ!」

ついに元気な姿で二人が現れた。

「お疲れ~!」

「暗くて道に迷いそうになっちゃったわよ~」

と元気な声で語っていた。
ゴールを確信したその声は非常に元気。

そして、みんな一緒にゴール。


彼女たちのゴールには感動させられた。
涙を浮かべたものもいた。
どうして感動するのだろう。
同じ景色を見て、同じ辛さを味わい、同じ灼熱の大地を走ってきた仲間の喜びが自分のことと重なるからなのだろうか。
仲間が同じ道をゴールし、喜ぶ姿には感動を覚えるんだな。

日本人参加者10人は初日から全員が元気にゴールでき、その喜びを分かち合うことができた。
この瞬間を味わうために走っているのかもしれないな。

同じ距離を同じ条件で走るのはみんな同じだ。
先にゴールすれば早く休めるが、それだけ肉体を酷使する。
また順位を求め疲労は蓄積されていく。
あとにゴールすれば、長時間サハラの強い日差しと格闘しなければならず、体力は少しずつ奪われていく。
とちらにしても過酷だ。

大会初日から大砂丘地帯の洗礼を浴びたな
サハラ砂漠の砂は海岸の砂とは異なり、粉のようにほんとうにさらさらだった。
こんな砂の上は走れない!と思っていたら、トップ選手は軽快に走っていたみたいだ。
この大砂丘は言葉に言い表せないほど壮大なスケールで、五感で感じながら駆け抜けたランナーにしか、このすばらしさはわからない。
こんな景色に出会うことができて本当に感謝だ。

思い思いに寝る準備をし、荷物を端っこに追いやり、シュラフを広げて眠りについた。

 夜に砂まじりの強風で、テントの端のつっかえ棒が倒れ、端っこで寝ていた間さんが寝れなくなり、眠い目をこすりながら修復した。


 明け方になると急激に冷え込んでくる。今回は気温が6度まで下がった。8度までのシュラフだったのでさすがに寒くて目が覚め、サバイバルシートに包まってシュラフに入ったら快適だった。

 チェックポイントごとにもらう水はほとんどタンクに入れ、飲み水用にしたので、脱水症状になることはなかった。
 今回の日本人10人はひとりも脱水症状にならず、点滴も打たなかった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/31-dbe6d9c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。