FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これがサハラなんだ
サハラマラソンのチェックポイントでは、ドクターが選手の目を見るために、サングラスをはずすように要求する。
これは脱水症状の確認のひとつに目が落ちくぼんでいるかを見るという方法からだ。
オレの目も落ちくぼんでいたのか、塩タブレットを取るように注意された。


途中は塩タブレットをとらなかったしな。


いつでも取り出せるようにウエストバックに入れていた塩タブレットを6錠を口に入れ、水を口に入れた。


これは噛むのか??それとも飲み込むのか?


わけもわからず、噛んでみた。


タブレットの表層が破け、中から噛むとぼろぼろくずれる固形物が顔をあらわした。


しょっぱいような苦いような。


けしておいしい味ではないので、一気に飲み込んだ。
口には後味の悪いしょっぱさが残ったので、水をまた飲んだ。

この苦さで気合が入った感じだ。

さてCP1を出発するか~!!

ゴーグルをかけなおすと、スポンジが汗でびしょびしょで濡れいた。
このスポンジは砂嵐などが目に入らないようにふさいでいるものだ。


この感触はめちゃくちゃ気持ち悪い。
でも少しすれば慣れるに違いない!


出発すると、背丈を越える青々とした植物が乾いた大地に点在していた。

こんなところにも植物があるのか。

少しであっても植物の合間を抜けて走るのは気持ちがよい。
植物がエネルギーをわけてくれているかのようだ。
短い距離だが、軽やかに走りぬけることができた。


それを越えると2番目の砂丘に通じる岩石の多い平地だ。岩石が割れたような破片がごろごろ転がっていて、岩石の黒と砂の黄色の土砂漠だ。
熱のせいだろうか。その黒い破片はまるで溶け出しているかのように、てかてか光っている。
これはたぶん、火山が造り出したものではないか。
溶岩が固まって岩石ができ、数世紀にわたる風化によって崩された山々の岩石が、大量の流水によって散乱して礫の平原を造ったのではないだろうか。 

太陽をさえぎるものはなにひとつない。
空の青さが尋常ではない。上空に不純物が舞っていない証拠だ。
陽射しの強さも手を貸して、深みのある蒼に視線が奪われる。
地平線の向こうまで選手の列が続いている。走る選手や歩く選手、ひとり黙々と進む選手や、仲間をおしゃべりしながら進む選手。追い抜くときに、声や笑顔を振舞う選手など。

この平地はとても長い。
シーンと静まり返っている砂漠の中で聞こえるのは、風の音と自分の足音だけだ。
時間は昼時。
気温がどんどん上昇し高くなった。12時で気温36.8度、湿度18%。
風がまったくなくなると、非常に熱い。身体が苦しい。汗の流れかたが異常になり、頭に弱い痛みすら覚えた。

「根性だけでは完走できないんだな」
身体との対話を頻繁にするようになり、そう思い始めた。
身体が無理といったら、照明弾を打ってリタイヤを選択しなければ、死の危険だったあるのだ。
そのあたりの木陰で休んでゆっくりしようなんて考えられないのだ。
このサハラ砂漠はそういう環境なのだ。
サハラマラソンの過酷さに恐怖すら覚えた。

この平地は風が息をたくさんしている。
風が吹くと、湿度が低いため熱さは感じず、涼しい。
風は強いときもあり、粉のような砂が舞い上がって風の通り道がよくわかった。
遠くできた竜巻が近づいてきて、100mくらい前を通過した。
ここは灼熱地獄だ。
干上がった川を越えた。
水なしには生きていけない。
どのくらい進めばCP2が出てくるのだろうか。
疲労からか走ることができない。
外国人選手の歩きは早い。一歩の距離を稼ごうとして歩幅を広く取ろうとすると、膝やももに負担がかかる。短い足をフル回転させないと追いつけない。
しかしレースはまだ初日。無理することはない。
選手みながそう思っていた。
熱さに耐えながら、頭をもたげ足元をひたすら見続ける時間が過ぎていく。
CP2に着くことだけが唯一の目標だ。

10kの平地は足をとめなければいずれは終わるものだ。
大きなわだちを横切り、遂にCP2が小さな丘の間に現れた。
やった。遂にCP2まで来た。24キロ地点だった。
ここで1.5リットルの水を補給だ。
バックパックを開けてみると、水はほとんどなくなっていた。
ここでも塩タブレットを噛み砕いた。しょっぱくて苦かった。
CP2を過ぎると残り7キロ。
CP2でだいぶゆっくりしたので、俺の前後で選手との距離は100mはあるだろうか。この位置では選手はまばらだ。
この状態で夜を迎えたら怖い。
遠くに砂丘地帯が見えている。
砂の平地を過ぎれば最後の2キロ砂丘地帯だ。
空にはサーマルによる雲がぽつぽつできている。
風が5mくらい吹いている。
 風が冷たく感じられるので、涼しくて気持ちよい。 
この平地では岩石がいくらか大きく、干上がった川を越えると、土っぽい地帯にはいった。
とげとげした草が目に付いた。ラクダの牧草地だ。
砂漠では葉っぱのような大きさになると、水分が蒸発するため、とがった葉っぱなのだ。
とげだらけの植物でも春になると色とりどりの花をつけて、別世界のような景色になる。今が春だ。
その合間に、砂と同化したトカゲを発見した。
砂漠で見たはじめての生物だ。
「こんなところにも生物がいるんなんて」
そのあともトカゲは数匹を見ることができた。

砂丘の手前に車がみえる。大会の車か?
CPはもうないはずだ。まさかゴールってことはないだろう。
脱水症状で倒れた選手がいるのか。
小さい砂丘が見え始めた。
あいかわらずまだ熱いな。

車まで来たがやっぱりゴールではなかった。
彼らに
「おーけー!」
とうつむき加減の頭を上げて力を振り絞って笑顔で叫んだ。
言霊とはよくいうな。「OK!」ということで、元気になるから不思議だ。

砂丘の上に選手が見える。
ついに最後の砂丘だ。
最後と思うと、おなかが少しすいているのに気が着いた。
身体のセンサが再び息を吹き返してきたのだ。

この砂丘はスタート直後の砂丘と異なり、手を使わないと登れないくらいの高さ数十メートルの急な砂丘の上り下りの連続だ。
下りはまるでジェットコースターのような絶壁を駆け下りた。
急斜面の砂丘には、無数の波紋がありきれいだ。
風により、その波紋が動いているのが分かった。
また砂を崩すと、砂時計の砂のようにさらさらと紋様が広がっていった。
砂の粒が細かいから起きる現象だ。

また砂丘の稜線を境に、風がのぼるには波紋が広がり、くだる側ではでこぼこひとつなくきれいに整地されていて、芸術的だ。
風が強いので、砂が飛んでいく様子がきれいだ。
そして、今つけたばかりの足跡が風に洗われるようにしてみるみる消えてなくなっていく。
砂漠に自分が来た証なんて残せやしないんだな。
ダイナミックな自然を前にすると、ちっぽけな自分の存在を思い知らされる。

上りは足の力が抜けていくのを歯がゆく感じつつも砂を崩しながら登る。
下りも当然、急斜面だ。転んだら下まで止まることはないだろう。
スキーでショートターンをしながらふかふかの深雪の圧を感じるように、砂の急斜面をふかふか感じながら下った。このとき足首まで砂に埋まり、気持ちがよかった。

ここまで来ると、選手はちりちりばらばらになり、足跡がゴールまで導いてくれる。もしここで暗くなったら道に迷ってしまうと思うと、気が狂ってしまいそうで背筋がぞっとする。

そうして砂丘ののぼりくだりを繰り返し、砂丘の頂にたつと、砂丘が終わるその先の低地に黒いテント群が見えた。今日のゴールだ。ビバーク2だ。
並んだ外国人選手が
「almost finish!」
と言って声をかけてくれたので、
「Yes!」
と親指を立てて笑顔で返事をした。

たくさんの選手がそこで足をとめ、ゴールを眺めていた。
とても感慨深く、心の底からうれしさがみなぎってきた。
もう少しでこのステージが終わるのだ。

とゴールが見えてから、なかなかゴールに着かない。
時間は16時を過ぎて陽が傾いてきた。
おなかがかなりすいてきた。
顔がじりじりし、目もちかちかしている。
強い日差しで日焼けしたのがわかる。

砂丘を下りながら、見知らぬ選手どうしで声をかけあった。
ゴール手前の砂丘の上で、よく知っている日本人が現地の子どもと遊んでいるではないか。
彼の走力なら余裕だよな。

「なにやってんだ?少年?」
いたずらっぽく声を張り上げで聞いてみた。
「子どもたちが勝手に集まってきちゃったんですよお」
走ってきたとは思えない元気な姿だ。
彼に声をかけたおかげで、元気をもらえた。最後のひとふんばりだ。

すると目の前にジェフの姿が。
ワルザザードでバスに乗り込むときに声をかけてきたアメリカ人のジェフだ。
「おお!ジェフ~!」
「こんにちは!一緒にゴールまで走りましょう」
彼の足取りはしっかりしていたが、顔はかなり疲れた表情だ。
彼の腕をとり、両手をあげて最後の50mを走った。

「これをやるためにここに来たんだ」

そして、ゴールテープを切った。

お互いに喜び、握手し健闘をたたえあった。うれしかった。

今日のステージをゴールできたこともうれしいし、他の選手と一緒にゴールできたこともうれしいのだ。

記録は6時間38分。トップから4時間遅れだ。

初日なので体力温存で走ったので疲労感はほとんどないが、距離の割には時間がかかったな。

これが砂漠のペースなのだな。

リタイア5名
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/30-278186a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。