FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついにスタート☆
3月30日(サハラマラソン:レース1日目 29.3km)
朝6時前に目が覚めた。
サハラマラソン、スタート当日の朝が来た。

あと数時間後には待望のサハラマラソンがスタートするのだ。
この日をどれだけ心待ちにしてきただろうか。
どんなドラマがこれからはじまるのだろうか。

start_sunrise


それにしても砂漠の朝はさすがに寒い。
息が白い。
寝袋から出るのがおっくうになる。
アンダーウェアの上下とウィンドブレーカーを着たまま、朝食の準備。
この朝から食糧自給生活なのだ。
すでにレースがはじまっているのだ。

どこからともなく、青いウェアを着たベルベル人スタッフがテントの撤収にきた。
肌が黒っぽくて鼻が高い。
背が高いものもいた。
彼らは、選手たちに有無を言わせることなく、テントの撤去作業をはじめた。
たとえ選手たちの荷物が片付いていなくてもベルベル人達はあくまでもマイペースだ。

遠くのテントが撤収されているのが見えた。 
テントがなくなった光景は実に無残。
運動会のあと、学校の校庭の真ん中に広げた敷物が自分のだけ取り残されたような、情けない光景に見えた。

その数分後に、われらのテントにも来た。
しかしわれらのテントは片付けがまだまだ時間がかかりそう。
そこで、片付け終わりそうなほかのテントを指差したら追い払うことに成功した。

さて、初日の朝にはお祝いの赤飯とさんまの缶詰と決めていた。
1日2000kcalの規定に従うためには、毎朝2人分の200gを食べる必要があった。
朝はしっかり食べておく参戦だ。
缶詰は初日朝に捨てれば重さは関係ないのだ。

前日の寝る前に、赤飯に水を入れておいたのでご飯は冷たいながらもできあがっていた。
これが今日のオレの燃料だ。
さんまの缶詰のタレを赤飯にかけ、一気に食べた。
朝8時の気温は20.8度だ。
今日のスタートは9時と大会ボランティアスタッフが言いに来た。

レースで重要なのはなんといってもレース中の水分だ。
ウォーターバックには、飲みなれたスポーツドリンクの粉を入れ、水を2リットル注ぎ込んだ。
これで命の水が完成した
おなかに1リットル用ボトルを予備用として塩水にした。

またベルベル人がやってきた。
まわりのテントは片付けられている。
今度は追い払うことはできなそうだ。
荷物の乗った敷物を外に引きずり出され、あっという間に無残な姿に。
もともと砂漠の真ん中なので、ここにテントがあることは不自然なのだな。

test_tessyu


ウィンドブレーカーとアンダーウェアーを脱ぎ、レース用の半そでウェアとスパッツに着替え、アームウォーマーをつけた。
これは日焼け対策もあるし、腕に加圧しているので、マッサージ効果で腕や肩が疲れにくくなるために使用した。
マラソンは後半になると、腕や肩がだるくなるのだ。

靴下は2枚履きだ。
大きめのシューズに足を入れ、丹念にひもを締めた。
そのとき、砂侵入防止用のゲートルを先に足を通すことを忘れてしまった。
他の仲間も同じようにやっていた。
ひもを緩めてシューズから足を出し、ゲートルに足を通してひもを結んだ。
そして、ゲートルのマジックテープをシューズのところに合わせて準備万端。
この作業に手を抜くと、レース中に砂が入ってくるだけでなく、靴擦れをおこして足裏にマメを作ることになるのだ。

さらに忘れちゃいけないのは、日焼け止めだ。
陽射しがめちゃくちゃ強く、そしてさえぎるものがない灼熱の大地。
全身やけど状態となって、ドクターからリタイヤを宣告されてはたまらない。
以前、そんな人もいたらしい。
唯一皮膚が出ている顔に日焼け止めを塗りこんだ。

スタート地点からハードロックサウンドがガンガン流れてきた。
AC/ADのYou shock me all night longだ。
この高揚感あふれるリズムで、心臓の鼓動が大きくなり気分が猛烈に高まってきた。

三宅さんとロードマップを見ながら、本日のスケジュールの読み合わせをした。
南東に進み、サハラ砂漠の見どころ「シェビ大砂丘」を越えてCP1まで14キロ。南下してCP2まで24キロ。そのまま南下してズナイグイ砂丘を越えてゴールまで31.6キロだ。

さて、スタート地点に移動するぞ!

map1
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/27-d952b1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。