FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュラフは必須持ち物!
シュラフは必須持ち物なんです!

布団を持っていってはいけないんです!!


ってなわけで、シュラフはレースでは必須持ち物で、持っていないとペナルティーが

課せられます。時間を加算されるのです。


シュラフにもいろんな種類があります。

封筒型とマミー型があり、 「封筒型」は、長方形の封筒の形をした寝袋で

ジッパーを全開にすると「一枚の布団」のようになって、掛け布団やブランケット

のようにも使え、同じものを二つつなげることもできます。

マミー型(ミイラの意味)は人型のミイラのような形で、体がすっぽり寝袋に収まり

密封性が高く暖かく、コンパクトに収納できる。

シュラフの中の素材にも、羽毛素材のダウンや化学繊維のダクロンなどなど。

サハラマラソンに持っていくシュラフは、

コンパクトに収納できて、軽くてあたたかいマミー型のダウン素材!


夜の冷え込みが15度程度なので、10度あたりを最低気温にして使える

シュラフでいける。寒かったら着込む!


今回選んだのは、イスカエアーだ!

重さはなんと350g!!!

大きさも直径8cm、長さ15cmくらい。


軽量にこだわるため、頭の部分はないのだ。


寝てみると、これが快適でぽかぽか!



さてシュラフを広げるのは、テントの中。


テントには地面にカーペットが敷いてあるのだが、さて、どんな寝心地か?

砂は冷たいのか??


疲れたカラダが冷えるのは血行が悪くなるので、疲労回復が遅れるのだ。


そこで、モンベルのマットを使ってみた。

このマットもまた軽い!!


空気を入れて使うので、クッション性も抜群!


しかも!軽くするために上半身部分しかないサイズにした!

足の部分にはバックパックを置けば、足が高くなるので疲労回復にもなる!

頭の部分は枕を作ればいいのだ!


サハラマラソンの夜はどんなものになるのか、いまからワクワクだ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/13-4640e07b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。