FC2ブログ
サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラマラソンはどんなマラソン?
サハラマラソンはどんなマラソン?


サハラマラソンは、ホノルルマラソンや東京マラソンなどとは

違う種類のマラソンだ。


山の中を走るトレイルランニング、もしくはアドベンチャーレースの部類だろう。


それではトレイルランニングとはなにか?

「森や山など自然の中の道(トレイル)と走るスポーツ」

といえる。

つまり、アスファルトやコンクリートに囲まれた街を離れて、

自然があふれた森の中を走ることだ。


自然の中を走ると、アスファルトとは違う感覚が得られるのは

やったものしかわからない。


そう!子どものころに野山を駈けずり回った感覚がよみがえってくるのだ。

いや、人間本来の感覚が喜ぶ瞬間がそこにあるのだ。


のぼり坂が多くて、平地を走るのよりきついのでは??


そう思うかもしれない。


しかし、マラソンではなく、ピクニックと捕らえてみてはどうだろう?


子どものころの遠足で登った山。


大人の身体でその山を登ってみると、意外と簡単に登れちゃったりするのだ。


だから、遠足気分で荷物を持って山に入れば、そして少しだけジョグしちゃうと

それがトレイルランだ!


トレイルランはアメリカではすでにブームが起きている!

日本にも起きはじめている。


トレイルランは、ほとんどが土の上を走るので、アスファルトの路面に比べると

地面がやわらかいので、着地の衝撃を30%くらい和らげてくれる。


ひざや足首への衝撃が少なく、故障が少ないのだ。


また路面の様子や傾斜がかわるので、筋肉や関節の使い方がかわり、

同一の負荷を繰り返しかけるアスファルトでの走りに比べ、

怪我への危険性を軽減してくれる。


長距離を走るには、トレイルがよいというわけだ。


日本を代表する長距離選手も、トレーニングにトレイルランを取り入れている。

長距離が強いケニアやエチオピアの選手も同様にだ!


自然の中にはさまざまな利点があるのだ。


サハラマラソンは砂砂漠が全工程の30%と言われ、そこでの着地の衝撃は少ない。

またその他はごつごつした地面だが、変化に富んだ路面なので、

筋肉や関節の使い方が変わり、怪我への危険性が低くなるのだ。


「よし!さっそく山の中を走ってみよう!!」


「ちょっと待った~!!!」

山の中に入るには最低限、持って行ったほうがよいものがあるんだ!

持ち物については、次にお話しよう!
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saharamarathon.blog98.fc2.com/tb.php/12-66c917aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。