サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食事メニュー
サハラマラソンでは食事メニューをしっかり作っていくことが

毎日の食事量に対する不安をやわらげます。

また余分な食糧を持つ必要がなくなります。


私はお米中心のメニューにしました。

アルファ米は水でもおいしく食べられるので、

カツ丼などとあわせたメニューは毎回、楽しみでした!

朝晩はアルファ米を2食分。

昼はアルファ米を1食分と行動食としてジェルやドライフルーツやナッツ類。


オーバーナイトステージでは一晩中走ったり、歩いたりしていたので、

夜中に食事することになり、2日目のお昼は抜きました。


欧米人はパスタしかメニューになく、

またパスタはやわらかくなるまでに時間がかかるので、

オーバーナイトステージの夜などはかたいまま食べている人たちもいました。


ナッツ類はカロリーが高いので、とにかくカロリーが欲しい!!

と思う人はナッツ類です!


日本人は食事の種類が豊富なので本当にありがたいですよ!


食事はフリーズドライ製品が軽くていいです!

水分を含んだものはやはり重いです!

なおアルファ米以外の食事のパッケージ類はすべて取り、

透明袋に小分けして持っていきました!

軽くなるし、ばらばらにならなくておすすめ!

ビーフジャーキーはお湯で戻すと肉みたいでおいしいです!

缶詰はスタート前におすすめ!

気持ちを切り替えたときのメニューには、お赤飯でお祝いです!


教訓

「どんなに荷物が重いと思っても、食事だけは最後まで捨てないように!」


そして、食事メニューはこれです!


foodmenu
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。