サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタート前日
3月29日(レース前日 荷物チェック)

ふと目が覚めた。

黒い天井が見えた。

あたりは暗い。

ここはどこだっけ?

そうか。ここは砂漠なんだっけ。

黒いテントの中だったんだ。

シュラフは快適だな~。


あたりの暗さから夜明けはまだまだ先だと思われた。

砂漠の夜は静けさに包まれていた。


少しずつ現実を理解してきたとき、急に大便をしたくなった。

シュラフのジッパーをおろして這い出してみた。

結構、寒いな~

ヘッドライト、どこだっけかな。

寝ている仲間を起こさないように、音を立てないように手探りでさがすか。

すると、ヘッドライトの感触だ。


テントを出てから、どこで用を足すか考えた。

仮設トイレの場所をチェックしておかなかったな~。

風向きを考え、テント群の風下側に離れて野糞をするかな。

月で薄明るかったので、ライトなしでも歩くことができた。

夜中に砂漠を歩くのは、ひんやりしていてなかなか気持ちがよいもんだ。


場所を決めてさっそく砂漠での初野糞。


屋外ではとても気持ちがよい!


だたひとつ大事なことを覚えた。

平地での場合、糞が山になってしまって、自分のお尻にくっつく恐れがあるのだ。

移動しながら用を足す知恵を得た。


大会のルールで、使用したトイレットペーパーは燃やすことになっている。

紙が風でテントに入ってきたら大変だ!

ライターで火をつけ燃やし、帰路につく。


いざテントに近づくと、どれも同じようなテントだ。

50mくらいしか離れてないのに、自分のテントがわからなくなっていた。

そうだ!

日の丸をつけていたんだ!

国旗をつけたおかげで、無事にテントを発見できた。


テントの中に入り、寝袋の中に下半身を突っ込み、次いで上半身を突っ込む。

自転車の旅をしたときの野宿を思い出すな~

夜空を見ながら、顔に当たる風を感じながら。

懐かしかった。


朝早くに目が覚めた。

あたりはまだ暗いが東の空が薄明るい。

ちょうど日の出前だ。

ここは砂漠かと思うと興奮して、熟睡の2度寝ができなくなったのだ。

シュラフからごそごそと動き出し、日の出を見る準備だ。

朝6時に静寂に包まれて陽が砂丘から顔を出した。

砂漠で見る日の出はすばらしい眺めだ。

とても大きなオレンジ色の太陽だ。

あまりにきれいなので涙が出そうになる。

冷たい空気で顔がしゃきっとした。


時間の流れを身体で感じながら、地球がゆっくりと動き出していくのがわかった。

身体が震えるほどの冷え込みは感じなかった。



今日は荷物および食糧カロリーチェックと、健康診断書および心電図チェックだ。

自分の荷物の内容と食糧について記載する提出用紙が当日に渡された。

みんなでにらめっこしながら、自己申告で書類を書いた。

荷物の中身をひとつひとつ細かくかいた。

途中で捨てるのを防ぐだめた。


食糧は、内容をカロリーを書いた。

14000キロカロリー以上の食糧を持たなければいけないルールだ。

十分にクリアする分を用意していたので、問題なく書けた。


日本人選手がチェックを受けるのは午後2時ごろだ。

それまでは各自、荷物を整理したり散歩したりとのんびりだ。


すると、アメリカのテレビクルーがテントにやってきた。

飯田さんの取材だった。

大会参加の最高年齢71歳選手の取材だ。

背が高くてきつそうなレポーターの女性と、身体がごつくて人のよさそうなカメラマンだ。

飯田さんの顔を見て、レポーターは

「なんでこんなにお肌がきれいなの!

 張りがあってつやつやして、しわなんてないわ。

 あなたが71歳って知ったら、アメリカ全土の女性が驚くわ!

 秘訣はなんなの?」

と目をぱちぱちさせながら興奮して言った。

三宅さんが通訳をした。

秘訣として出したのが、乾燥梅干、乾燥大根の葉っぱ、乾燥納豆、乾燥みそなど、純日本食ですべて飯田さんの手作り食品だ。

レポーターが試食すると、おいしかったり、しょぱかたりと豊かな表情を見せてくれた。

それを見て、カメラマンも含めてテント内は笑いのたえないなごやかなムードになった。



さていよいよ荷物チェックだ。

参加者全員がおこない、チェックするために特設テントに並んだ

自分の順番になり、受付でゼッケンと塩タブレットが渡された。

申告用紙を渡すと、荷物や食糧の中身を確認されることはなく、すんなりパス。

次いで、リタイヤ時に用いる照明弾を支給された。

長さ30cmほどの円筒は意外と重かった。


最後に心電図チェック。

開催以来2人目の死者がでた為か、40歳以上は負荷心電図提出が義務付けられていた。

ここではレース一ヶ月前に測定して心電図の提出が義務付けられていて、ドクターにじっくり見られた。

そして、他のドクターに相談を持ちかけに行った。

難しそうな顔をして、心電図を見ながら話し合っているのが見えた。

いつまで話をしているのだろうか?

おれの心臓はどこか悪いのか?

そういえば友人のドクターに心電図を見てもらったとき、気になることを言われたことを思い出した。

「子どもの心臓だな~」


これで走れないこともあるらしい。


ここまできてダメなのか。。。。。

でも心臓発作で死ぬよりはましか。

せっかく来たのに。。。。


心の準備をしようと、どきどきを落ち着かせようと深呼吸だ。


ようやくドクターが戻ってきた。

おれには1時間くらい待たされたような感じだった。

笑顔で問題ないと言ってくれた。

よかった!

これでスタートラインに立てる!

無事パスできたんだ!

なおここで心電図を取り直す参加者も見られたが、このチェックで日本人選手は2名が再検査となるが参加不可になる仲間はいなくてよかった。

メディカルテントには心電図機器が用意されていた。

ここまで慎重で用意周到な医療設備を前にした私は、改めてレースの過酷さを実感した。

71歳の最高齢日本人女子選手は、完走さえすればエイジ優勝となるのでドーピング検査を受けさせられていた。


ここで預け荷物も渡し、いよいよレース用の荷物だけの生活がはじまったのだ。
 
これだけの荷物で7日間過ごすんだな~。

心細くなっていた。


夕方に丸く設置されたテント群の中央で、レースの説明や照明弾の実演があった。

衝撃音とともに、100m近く照明弾は光を放って昇っていった。

そしてパラシュートを開いて、その光はゆっくり風で流されながら降りてきた。

これを打ったらリタイヤだ。

保証金も没収だ。

打つことがないように、お祈りをした。


次に、参加者の紹介だ。

はじめに今日の誕生日の選手紹介。

誕生日の選手のゼッケン番号と名前が呼び上げられ、誕生日ソングが流れた。

誕生日おめでとう!っていうのは世界共通で、盛り上がるイベントだ。

なお誕生日おめでとうは以後スタート前に必ず行われた。

最後に参加選手の国別の紹介や、最高年齢選手や有名人の紹介で盛り上がった。
 
そして夕食。

昨日と同様に、夕食も主催者が用意してくれる。

これが主催者が提供してくれて、なおかつおかずが豊富な最後の食事だ。

夕食が配膳される前から、夕食用テントにはずらりと長蛇の列。

どの国の人もちゃんと列をなして待っている。

僕らも日本人どおしで列に並んだ。

すると、前方のほうでモロッコ人なのだろうか、太鼓を叩いてリズムを奏でている。

ぼくらのためのエンターテイメントなのだろう。実に楽しそうだ。

それを見ていた、山崎さんは持ってきたホイというリボンのようなものを取り出し、

太鼓の人たちのそばにいって、一緒に踊りだした。

そうすると彼は夕食を待っている人たちの注目の的になった。

まわりからは拍手喝采で幕を閉じた。

そして遂に配膳開始だ。

パンにパスタにサラダにビール一缶などなど。

フランス人の作った食事はなんておいしいんだろう。

このあたたかくておいしい食事も最後なんだな~。

テーブルを囲んでみんなで同じ時間に食べるも最後なんだな~。



明日はついにスタートだ!

朝ご飯の準備として、アルファ米に水を入れておこう。


はやる気持ちを抑えつつ、きれいな星に囲まれながらシュラフに入って目を閉じた。


夜中に風が強くなり、テントの端を支えていた何本かの木のつっかえ棒が倒れて目が覚めた。

幸い、中央の木は残っていたので、大事には至らなかった。

端に眠っていた仲間がシュラフからはいだして修復しているのが見えた。


ありがとう!

おやすみ~
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

砂漠との出会い
バスを降りると、そこはビバーク1。
すなわちスタート地点だ。
場所はワルザザードの東約350キロにあるメルズーカ。

これが砂漠なのか。
あたり一面、サハラ特有のローズサンド(赤い砂)。
砂漠というとより土漠なのか。
公園にあるような砂場ではない。
しかしよく見ると砂が固まっているだけのようだ。

ほとんど植物は見当たらない。
360度当たりを見回すと、地平線の合間にあちらこちらにはげ山が見える。
そして真っ青な空を背景に黒いテント。そのコントラストに自然の威圧感を覚えた。
東の方向には砂色のおおきな山があった。
もしかしてこれが大砂丘か。
どっしり構えたその山のような大砂丘はレルグ・シェビ大砂丘と言い、縦長に40キロ。

ビバーグからの眺め


砂丘は毎日、その姿を変える。
風が吹き、砂が飛び、何百年の単位でその場所さえ変えるのだ。
砂丘は生きている。

あそこに俺たちは走っていくのか。
あの景色を見に来たんだ。
あの景色の中を走りに来たんだ。

興奮さめやらぬ中、テントの番号が発表されメンバーが割り振られた。
テントは120個で、1つのテントに8人だ。
テントは長方形の黒い生地で、その中央に2mくらいの木の棒を立て、左右から生地を引っ張ったもの。
三角屋根だけ張ったもので、正面から風が入るとそのまま通り抜ける。
ここに住んでいるベルベル人も使用しているようだ。

テントに向かって歩いていくと、他のテントにはそれぞれの国の国旗が取り付けてあった。
そして116番のテントを見つけた。
さっそくみんなに寄せ書きしてもらった日の丸を取り付けた。
これが日本人選手のテントだ。
テントには、関さん、澤村さん、三宅さん、寛平さん、飯田さん、村上さん、宮田さんと俺。
どんなドラマが起きるか楽しみだ。

tent


砂漠に落ちる夕陽はすばらしかった。
こんな夕陽を見るのは生まれてはじめてだ。
自然が作り出した芸術だ。
砂漠にいることをあらためて実感した。
そして、この場に立てたことに感謝した。

今日の夕食からスタート前日までは大会側が用意した食事を食べることになっている。
食事の時間は決まっていて、時間になる前から食事用テントの前に長蛇の列ができる。
しかしたいてい時間が遅れるのだ。それがここのルールだ。

夕食は、あたりが暗くなってからはじまった。
メニューはパスタや肉類に野菜類、パンやスープ。
このレースの主催者がフランス人であるからか、料理は実にうまい。
仲間と用意されたテーブルを囲んで食べた。

夕食が終わると、寝るだけだ。
夜の気温の状況やテントでの寝心地を確認するのも目的のひとつ。
アンダーウェアは暖かいか。
ウィンドブレーカーは風を通すことなく保温してくれるか。
寝るときのマットは必要か。

ビバークでの快適性を求めるならば荷物は必然的に重くなる。
レースでの快適性を求めるなら荷物は出来る限り軽くしたほうがよい。
明日になれば荷物を預けなければならないので、最後の調整だ。

厚めのござがひかれたテントにマットとシュラフで寝転ぶと快適だ。
地面が土漠で石も少なくでこぼこも感じられず、寝心地は良好だ。
テントに8人が寝ることもスペースは十分だ。
マットは肩から腰までの長さのタイプを持っていったが、足の下にバックパックを置けば足の疲れも取れるしいけそうだ。
シュラフは軽量化のために頭の部分がないタイプを選んだが、頭にバフと呼ばれる布をかぶればいけそうだ。
そんな実践を楽しみつつ、眠りについた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。