サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラマラソンで掲載された新聞記事などを紹介します。
2008年3月29日読売新聞田園都市版



2008年3月29日読売新聞相模版



2008年3月東海大学のホームページより
東海大学HP



2008年3月10日神奈川新聞(1面)



2008年3月10日神奈川新聞



2008年2月7日朝日新聞栃木版

スポンサーサイト
ここがスタート地点!
ワルザザードに着いて、朝が来た!

朝から太陽がまぶしく日差しが心地よい。

砂漠の街の朝は澄み渡った青空とさわやかな空気で、

とても気持ちがよかった。

ここのホテルは主催者が用意したもので、

コテージ風の建物が敷地内にたくさんあり、

またプールもあった。

 さすが熱い国だ。

朝食はホテルでバイキング形式。

モロッコ料理かと期待したが、

ヨーロピアンスタイルの朝食。

大好きなオリーブをたくさん食べ、大変満足だった!

今日はついに、バスでスタート地点である砂漠のビバーク地点まで移動。

所用時間は5時間30分!

たくさん食べて体力つけておかないとね!

 集合場所に行こうとホテルをでると、

 さっそくテレビクルーが撮影だ!

 そう!

 間寛平さんのサハラマラソンドキュメント番組のための撮影なのだ。

 邪魔にならないように、フレームに入らないように、

 はじっこを通るオレを含むその他参加者。


 これからたくさんカメラを向けられるんだけどね。


 バスには日本人のほかに、アメリカ人がたくさん乗っていた。

 荷物をバスの荷台にあずけるとき、

 ひとりのアメリカ人が日本語で声をかけてきた。

 ジェフと名乗った。

 彼はアメリカで日本語を勉強し、日本でも働いたとのこと。

 彼と楽しくおしゃべりをし、バスに乗り込んだ。


 彼とマラソン中に、何度もお互いに声を掛け合う仲になるとは。


 バスに乗り込むと、さっそくロードブックが配られた。


 まさに、俺たちが待ち望んでいたもの。


 サハラマラソンの7日間のルートが乗っているロードブック


 これからのドラマが書かれているロードブック


 とびあがるくらい嬉しかった!


 そして、さっそくページを開くと。。。。。


 中身はフランス語と英語で書かれていた。

 主催者がフランスの会社なので、フランス語がここでの公用語だ。


 7日間のルートを眺めてみると。。。。


 今回は245キロという情報から推測したとおり、

 毎日40キロ近いレースになることがわかった!


 しかし、現地にいくまで、

 その距離がなにを意味しているのかわかっていなかった。


 時間どおりに出発しないのが、フランスなのか?


 2時間以上遅れてバスが出発した。


 現地到着は夕方だ。


 窓からの景色は、これが砂漠なのか?

 こんな大地を走るのか?

 岩山もたくさんあるな。

 植物が豊かなところもあるんだな。

 道沿いはゴミが多いな。

 川も流れているんだな。

 アップダウンがかなりはげしいな。

 グランドキャニオンみたいだな。
 
 など思いつつ、また出発からのことを思い出しつつ、

 眠ってしまった。

 
 気が着くと休憩だった。

 休憩場所は数箇所の予定で、バスで配られた水とお昼分の食糧をつまみ、

 お昼の食事の時間になって、バスが長く止まると知らされた。


 止まったところは荒野で、とおくに禿山が見える。

 選手はばらばらに地面に座り込み、思い思いに食事をとった。

 オレは寛平さんをふくめ、ふたりの女性と、栃木仲間と車座になって食事をした。

 「こういうところを撮影しないといかんやろ」

 なんて言っていたのが印象的だったな。


 そういえば、トイレももちろん、荒野でやった。

 男性はみんなほぼ横一列になって、立ちションだ!

 この景色がなかなかの見もの。

 女性は立ちションとはいかず、低く生い茂った草かげに隠れて用を足した。


 こんな景色を毎日、あたりまえのように見るようになるとは。。。。


 アスファルトの道からはずれ、砂煙をあげながら

 砂地なのか砂利なのかわからない道を走りはじめた。

 見渡す限り荒野の真ん中をバスは走っていた。

 地面の色は砂の色。

 かなり遠くに見える山は岩だったり、砂っぽかったり。


 もしかして、もうすぐビバーク地点なのか。


 そわそわしながら窓からバスが進む方向に目をやると、

 遠くに、テントらしき影がたくさんみえた!


 写真でみた黒いテントだ。

 たくさんある!

 テント以外はほんとうに平地。


 遂に、来たんだ!!


 これがこれからはじまるドラマのスタート地点だ!


 ここでちゃんと生活できるだろうか。

 テントのメンバーはだれとかな?

 朝は寒くないかな?

 など思い巡せ、緊張感とともに、興奮せずにはいられなかった!

 そして、遂にバスが止まった。
サハラマラソンのドキドキスケジュール
バスに乗り込むと、ロードブックを渡された。

これからはじまる7日間の全容が書いてあるのだ。

ワルザザードから5時間半の道のりをバスでゆられながらビバークまで移動だ。

窓の外には今まで見たことがないような荒野が広がっている。

目を閉じながら出発からのことを思い出していた。


3月26日早朝、まだ暗い中、成田空港まで直行バス乗り場の

駐車場まで車を走らせていると、電話が鳴った。

「こんな早くに誰だ~?」

出ると、聞いたことのある声だった。

こんな早くから起きて激励の電話をくれるなんて。。。。

精一杯のありがとうを伝え、電話を切った。

   ありがたい。。。。

首都高はあいかわらずの渋滞で、成田への到着時間は遅れる見込み。

うとうとしながら携帯を見ると、メールの着信。妹からだった。

   家族で見送りにきている。。。

その直後、またメールの着信。

   お前も着ているのか。。。

 空港にはやく着きたいのと、恥ずかしいのが交錯した。


 空港に着くと、サハラマラソンのメンバーがいた。


 そして、お見送りに来てくれた家族と仲間が待ち構えていた。

    みんな会社を休んできていた。

    ものすごくありがたかった。。。。

    みんなやさしい顔をしていた。

 別れ惜しく話をしていると、今回サハラマラソンに出場する間寛平さんが

 テレビクルーと一緒に目の前を横切った。

  彼はマスクをしていた。顔を隠すためか?

  これからお世話になるので、あいさつをしに行ったら、きょとんとされたが、

 一緒に走ることがわかり、よろしくと答えてくれた。

 彼とは、そんなはじまりだった。


  見送りにきてくれた仲間や家族とハグや握手をし、飛行機に乗り込んだ。

  目的地のパリまでは11時間半。飛行機はANAのボーイング747-400で、

  全席モニタつき。満席だった。

  映画を4本矢継ぎ早にみたので、内容は覚えていない。


  そして夕方にパリに着いた。14年ぶりだった。

    肌寒いな。。。

  こうして、一日目が終わっていった。


   次の日(3/27)は、夜にモロッコのワルザザードに移動なので、

  それまでの時間をサハラマラソン仲間と過ごした。

   長旅の疲れを癒すために、パリの街を軽く走った。

   凱旋門からシャンゼリゼ通りをコンコルド広場方面へ走り、

   オルセー美術館を対岸に見ながらルーブル美術館の脇を走り、

   オペラを横切り、ホテルに戻った。

   パリの景色はまるで美術館の中にいるようで、とても気持ちよいジョグだった。

    ジョグが終わり、再び街をぶらつき、そしてオルリー空港へ。

    たくさんのフランス人が列を成していた。みなスタッフの名札をしていた。

    ドクターがたくさん目に付いた。


        きれいな女性がたくさんいるなあ。。。。


    これらの人たちにこれから大変お世話になり、

    そしてこれから感動をともにしてもらえるとは思ってもみなかった。


    パリをあとにし、モロッコのワルザザードに着いたのは深夜だった。

   飛行機はフランス人たちの笑い声がたえなかった。みな興奮していたのだ。


   聞けば、彼らはみんなボランティアなのだ。

   楽しくて仕方なかったんだろうな。

   それもイベントで再会する気の合う仲間。。。


     そんな仲間がおれにもいるな。


    ワルザザードはパリから一転して気持ちのよい温度だった。

    明かりがオレンジで、アラビアンナイトを彷彿させるようで幻想的だった。

    これからこの国で、どんな感動が待っているのか。

    どんな気持ちでこの街に戻ってくるのか。


    こうして2日目の夜が終わった。
応援ありがとうございました!
サハラマラソンより無事に帰ってまいりました!

たくさんの励ましのメールやお電話をいただき、

また完走おめでとうのメッセージを頂きました!


一週間前にはサハラ砂漠にいて、マラソンしてたんだな~


って思うと、不思議な感じです。


サハラマラソンの写真を友人がまとめてくれたので、

よかったらサハラマラソンの雰囲気を存分に味わってください!
http://picasaweb.google.co.jp/happy.arnail


なお本人はドクターストップで当分は両足の指の治療の専念します。


レースの様子はあらためて報告していきますので、

引き続きよろしくです!


来年以降に参加を考えているなら、アドバイスしまっせ!


一つ目のアドバイスは、申し込みをすること!


イギリスの人は、サハラマラソンに参加するのに2年待ちですから!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。