サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レース中の様子はこちら。
3/26以降のサハラマラソンのレースの様子はこちらにアップします。

http://sablesrunner.seesaa.net/

引き続き、応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト
re-su
http://sablesrunner.seesaa.net/
いよいよ出発だよな~
■サハラマラソン出発まで、残すところあと一日で出発!

背負って走る荷物が水なしで12キロと、想定内。

もう少し軽くしたいな~。

名づけて、サハラマラソンゼロ作戦!!


フリーズドライ製品はかさばるので、

梱包をとってジッパーのビニルに入れる!

寒さ対策のウェア入れも、ジッパーのビニルに

入れて空気を抜いて軽量化!


あとは。。。。。


と容器や製品についている袋をビニール袋に替える

ことで、少しは軽くなった!


サハラマラソンの過酷さと楽しさが少しずつ、自分の身体に

感じられるようになってきた。


■栃木のサハラランナー3人が集合!

昨日は同世代の栃木のサハラマラソンに出場するランナー3人で、

荷物を持ち寄りお互いの携行品をチェック!

バックパックを改造したり、遊び道具を詰めたり、さまざまな

アイディアがあって、楽しかったな~。

この仲間がサハラ砂漠で心の支えになることは間違いないのだ!

みんなトレーニングをしてきた顔をしてるし、身体もひきしまっていて

頼もしいな~!


■寄付は文房具類にします!

サハラマラソンでの荷物が15キロ弱になった。

パリーワルザザード間の飛行機への荷物の重量が

ひとり20キロという制限なので、

みんなから頂いたTシャツや文房具類を全て持ち込むことが

不可能に。。。。。


Tシャツだけで80着もあるよ!!!!

えんぴつやボールペンをあわせると、300本はあるな!!!!!

ふでばこや落書き張をいれると全部で20キロを超えちゃうよ!!!!


全部をサハラ砂漠の村にある子どもたちに渡せたらな~


と思いつつ、涙を飲んで文房具類を優先して持って行きます。


持っていけなかった分は、

バックパックを背負って旅に出たときに、

いろんな国々で配ってまわろうと思います!

そんな子どもたちをたくさん見てきたしね。

そんな旅のスタイルもよいかな。
メニューが決まった!
サハラマラソン中のメニューが決まった!

基本はアルファ米だ!

アルファ米とは、できあがったご飯をフリーズドライにしたもの。

非常食として注目されているが、登山をする人はよく持っていくのだ。


ちなみに、フリーズドライとは

1.食品を-25度以下で急速冷凍します。

2.真空状態の中にいれて、水分を乾燥させます。

真空状態では、氷の結晶がドライアイスのように水蒸気となって

蒸発するそうだ。


朝は、ご飯2食分にドライフルーツ。

昼は、玄米ご飯1食分に、ジェルや黒糖、乾燥梅干、ナッツ類

夜は、ご飯2食分に、カツ丼や牛丼2食分、ビーフジャーキー、コーンスープ

初日と中日の夕食には、さんまの蒲焼缶詰。


飲み物には、

1.スポーツドリンクの粉を溶かしたもの

2.塩を溶かしたもの

この2種類を使おう!


ちなみに御徒町のアートスポーツで

サハラマラソンに出ることを伝えながら、

栄養補給についていろいろ聞いたら、

試供品をたくさんもらった!


店員さん、ありがとう!


なおサハラマラソンのレギュレーションで

最低14000キロカロリー必要なので、

これでいける!!

荷物の大半は食糧だ。


カロリーメイトなどは、パサパサしているので、

サハラ砂漠ではのどを通らないそうだ。


後半は、水を多めにいれて、おかゆみたいにして、ご飯を食べよう!


そういえば、外国人は、アルファ米のかわりになにを食べるのだろう??
着るだけで疲労回復するウェアとは!
■着るだけで疲労回復するウェアとは。

全身タイツのもじもじくんって、実は疲労回復に優れているのだ!

秘密はタイツの構造にある!


手首や足首にいくほど、タイツの締まり具合を強くするのだ。


そうすると、血流がよくなって、マッサージ効果になるそうな。


そんな段階的着圧で設計されたSKINSのタイツを試着して寝てみた。


次の朝、非常に快適!


足の疲れがないのだ!


飛行機などの長時間の移動などでも疲労がないそうだ。


今回のサハラマラソンは、6日間はフルマラソンの距離を走るので、

下半身に疲労がたまることが予想される。


走るときもこれでいいかも!って思うけど、

サハラを走るときは、

イチローもご愛用のサポート効果抜群のCWXのタイツにするのだ!


そして、寝る前にはアロマオイルでセルフマッサージをし、

夜のウェアは段階的着圧できまりだ!
砂漠の玄関「ワルザザード」
サハラマラソンに向けた日本出発まであと2週間となりました。


サハラマラソンは、パリ出発でモロッコに入り、

そして走ってまたパリに戻るという大雑把にいうとこんなツアーです。


ではモロッコのどこにいくのか??


それではその集合場所であるモロッコの町「ワルザザード」を紹介しましょう!


■サハラの玄関「ワルザザード」


サハラ砂漠を目指して、モロッコを訪れる人はたくさんいます。

そのサハラの入り口の町になるのがワルザザードです。

 ワルザザードは、1920年代に、フランス軍によってサハラ砂漠の最前線基地

として建設されました。現在はモロッコ軍が駐留していて、かなり広範囲が

軍用地です。

 この近郊で映画「アラビアのロレンス」が撮影されて以来、この地域は映画の

ロケ地として今も熱い視線を注いでいる場所で、過去に何本もの有名映画の

舞台として使われていたことで有名です。

 モロッコの「ハリウッド」とも言われ、砂漠へ憧れを抱く人たちの観光熱を

高めてきました。

 ワルザザードは、この町自体にそれほど見どころがあるわけではなく、旅人に

とっては、ここを起点にして南部の町々へ旅立つための中継点の町となっています。

 さて砂漠へ向かうルートはふたつあります。

ひとつはこのワルザザードからドアラ渓谷に沿って南下する


「ドアラ・オアシス・ルート」です。


険しい岩砂漠を越え、オアシスをたどりながらザゴラへと向かいます。

そしてザゴラからさらに南のマアミドまで行くと、

そこにはサラサラの砂の世界がきらめいている。。。。。


もうひとつは、エルラシディアからエルフードに南下する


「東の砂漠ルート」です。


エルフードからさらに南下したメルズーカでは、

これぞという大砂丘を見ることができます。


 走るのは、こっちのほうなんだろうな。


■今大会のベールが次々と明らかに!

日本事務局の「国境なきランナーズ」より、情報が参りましたので

お伝えします!

今年の23回大会(3月30日~4月5日)には、

過去最高の956名(男性856名、女性100名)が挑戦します。

日本人は男性8名、女性2名。最高齢は男女とも71歳です。

距離は従来より約15Km長い245.3Kmです。

1986年の大会以来参加者は約1万人になります。

大会リピーター:30%、

フランス以外の国からの出場者:70%、

女性:14%

ベテラン(40歳以上):45%

ウオーカー:10%

トップランナーの平均スピードは14km/h、

ウオーカーの平均スピード3km/h

今年の大会では日本人の参加ランナーにご協力いただき、

砂漠のなかの学校へ文房具などをを寄付する予定です。


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

シュラフは必須持ち物!
シュラフは必須持ち物なんです!

布団を持っていってはいけないんです!!


ってなわけで、シュラフはレースでは必須持ち物で、持っていないとペナルティーが

課せられます。時間を加算されるのです。


シュラフにもいろんな種類があります。

封筒型とマミー型があり、 「封筒型」は、長方形の封筒の形をした寝袋で

ジッパーを全開にすると「一枚の布団」のようになって、掛け布団やブランケット

のようにも使え、同じものを二つつなげることもできます。

マミー型(ミイラの意味)は人型のミイラのような形で、体がすっぽり寝袋に収まり

密封性が高く暖かく、コンパクトに収納できる。

シュラフの中の素材にも、羽毛素材のダウンや化学繊維のダクロンなどなど。

サハラマラソンに持っていくシュラフは、

コンパクトに収納できて、軽くてあたたかいマミー型のダウン素材!


夜の冷え込みが15度程度なので、10度あたりを最低気温にして使える

シュラフでいける。寒かったら着込む!


今回選んだのは、イスカエアーだ!

重さはなんと350g!!!

大きさも直径8cm、長さ15cmくらい。


軽量にこだわるため、頭の部分はないのだ。


寝てみると、これが快適でぽかぽか!



さてシュラフを広げるのは、テントの中。


テントには地面にカーペットが敷いてあるのだが、さて、どんな寝心地か?

砂は冷たいのか??


疲れたカラダが冷えるのは血行が悪くなるので、疲労回復が遅れるのだ。


そこで、モンベルのマットを使ってみた。

このマットもまた軽い!!


空気を入れて使うので、クッション性も抜群!


しかも!軽くするために上半身部分しかないサイズにした!

足の部分にはバックパックを置けば、足が高くなるので疲労回復にもなる!

頭の部分は枕を作ればいいのだ!


サハラマラソンの夜はどんなものになるのか、いまからワクワクだ!
サハラマラソンはどんなマラソン?
サハラマラソンはどんなマラソン?


サハラマラソンは、ホノルルマラソンや東京マラソンなどとは

違う種類のマラソンだ。


山の中を走るトレイルランニング、もしくはアドベンチャーレースの部類だろう。


それではトレイルランニングとはなにか?

「森や山など自然の中の道(トレイル)と走るスポーツ」

といえる。

つまり、アスファルトやコンクリートに囲まれた街を離れて、

自然があふれた森の中を走ることだ。


自然の中を走ると、アスファルトとは違う感覚が得られるのは

やったものしかわからない。


そう!子どものころに野山を駈けずり回った感覚がよみがえってくるのだ。

いや、人間本来の感覚が喜ぶ瞬間がそこにあるのだ。


のぼり坂が多くて、平地を走るのよりきついのでは??


そう思うかもしれない。


しかし、マラソンではなく、ピクニックと捕らえてみてはどうだろう?


子どものころの遠足で登った山。


大人の身体でその山を登ってみると、意外と簡単に登れちゃったりするのだ。


だから、遠足気分で荷物を持って山に入れば、そして少しだけジョグしちゃうと

それがトレイルランだ!


トレイルランはアメリカではすでにブームが起きている!

日本にも起きはじめている。


トレイルランは、ほとんどが土の上を走るので、アスファルトの路面に比べると

地面がやわらかいので、着地の衝撃を30%くらい和らげてくれる。


ひざや足首への衝撃が少なく、故障が少ないのだ。


また路面の様子や傾斜がかわるので、筋肉や関節の使い方がかわり、

同一の負荷を繰り返しかけるアスファルトでの走りに比べ、

怪我への危険性を軽減してくれる。


長距離を走るには、トレイルがよいというわけだ。


日本を代表する長距離選手も、トレーニングにトレイルランを取り入れている。

長距離が強いケニアやエチオピアの選手も同様にだ!


自然の中にはさまざまな利点があるのだ。


サハラマラソンは砂砂漠が全工程の30%と言われ、そこでの着地の衝撃は少ない。

またその他はごつごつした地面だが、変化に富んだ路面なので、

筋肉や関節の使い方が変わり、怪我への危険性が低くなるのだ。


「よし!さっそく山の中を走ってみよう!!」


「ちょっと待った~!!!」

山の中に入るには最低限、持って行ったほうがよいものがあるんだ!

持ち物については、次にお話しよう!

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。