サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラマラソン公式HPに名前が載った

サハラマラソン公式HPに日本からの参加者リストが載りました!


そこにありじゃないですか!

  AKASAKA Takeshi

と。。。。。

やったろうじゃないですか!


このURLはこちら!
http://www.darbaroud.com/detail.php?pub=245&langue=fr
スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

行動をともにするバックパック
サハラマラソンのレース中、肌身放さず、密着しているもの。

それはバックパック。

いろんなサイズのものがあるが、中に入れるものによって容量が決まる。

またそれが生死を分ける(大げさ)といってもよいだろう。

それだけ世界一過酷なレース「サハラマラソン」なのだから。

それでは中に入れるものをピックアップしよう。

・7日間の食糧
・シュラフ
・ウインドブレーカー(上下)
・長袖Tシャツ
・ロングタイツ
・靴下
・歯ブラシ
・トイレットペーパー
・タオル
・ごみ袋
・日焼け止め
・リップクリーム
・乳液
・ナイフ
・コンパス
・ホイッスル
・ヘッドライト
・デジカメ
・デジカメ用予備バッテリー
・調理器具(なべ・スプーン・フォーク)
・燃料
・日の丸


大会側からの支給品は
・発炎筒
・塩タブレット
・ロードブック
・地図

とざっとこんな感じ。

これらは当然、軽量のものを選ぶし、これを入れるバックパックも軽量でないと、7日間背負いっぱなしでサハラを走らければ身体がもたない。

そこで今回のサハラマラソンではGREGORY製のadvent proを背負うことに決めた!

バックパック


トレイルランニング用に開発されたもので機能的だ。俺の背中にフィットするのが

Mサイズで35リットル。重さが1.2キロ。


お店では背中の長さを測るものが用意されていて、採寸後に、Mサイズを

薦めてもらった!


寸法はいいが、背負い方がちゃんとできていないと、余計なところに負担が入る。

まず、腰のベルトから締める。腰骨のでっぱているところを覆うように腰ベルトを締める。

次に、肩のベルトを締める。

そして最後に胸のベルトだ。グレゴリーのバックパックはここベルトが上下に動くので

鎖骨の下に来るように調節した。


トレイルラン用に開発されたので、水タンクも入るし、水タンクが減ってきたら、

それに圧力をかけて水が出やすいようにもなっているそうだ。


このバックはサハラマラソンの出場者も使用し、好評だったとのこと。

アドベンチャーレースにも使われているすぐれものである!
サハラマラソン用スパッツ
スパッツ


サハラマラソンでは砂漠を走るのにスパッツは必須!

サハラの砂はパウダーなので、少しでも隙間があったら、

すぐに侵入するのだ。

そして、ふやけた足裏に砂が入ると、紙やすりでこするようなもの。

そのまま放置すれば、足裏がべろべろに向けてしまうのだ!

サハラマラソンの全工程における砂漠の割合は3割もないと聞く。

しかし、砂が入ってきたら、レースがぼろぼろになってしまうのだ。

これは欲しい一品だ!
http://www.darbaroud-boutik.com/index_us.htm

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

感動のサハラ説明会!
サハラマラソンの説明会に行きました!!

今回は、日本から11名が出場。

内、日本からは9名。2名は海外在住。

9名のうち、2名は女性。

なお全員個人参加!!

この9名の方たちは、すごい!!

フルマラソンはもちろんのこと、ウルトラマラソンランナー、

トレイルランナー、アイアンマンなどなど。

今回はめずらしく?つわものぞろいとの事。

年齢層としては、68歳(だっけな?)の最高齢者をはじめ、

もうすぐ定年の方など。

驚きはみんなが初心者。

説明会は、映像を見ながら主催者の説明や、

昨年の参加者の方をお呼びしての質疑応答。

映像には一面にサハラ砂漠のきれいな景色。いわゆる砂の砂漠。

トップ選手の映像では、ほんとうに走っていました!

荷物は前後に配分してかづいだり、砂の対策に注目した。

聞くところによると、砂がはいらないようにフランス製の

スパッツがあるそうだが、日本では手に入るか???とのこと。

靴に砂が入ると、足の裏の皮がやすりで削られるように

ぼろぼろにむけるそうな。砂は砂浜の砂と違い、パウダーのように

なっている!

長距離の大会ほど、年齢層が高いのであるが、この大会も

40~50代が一番多いそうな。

昨年の参加者さんは、1時間に5キロのペースで歩き続けたそうな。

昼の食事は歩きながらとるそうな。

水と塩をちゃんととらないと、脱水症状になるらしく、

日本選手でレース中に点滴を受けたものもいた。

また去年はトップを競っていたイギリス人一名が死亡した。

原因は睡眠薬。疲労がたまっているときに、睡眠薬を

飲み、余計に筋肉が萎縮したとの推測だった。

いろいろ質問をさせていただき、サハラマラソンを具体的に

イメージできた!


そんな説明会に、テレビディレクターとプロデューサーも

来ていた。


残念ながら、俺の番組ではない。。。。


間寛平さんも出場し、その番組製作のために来ていたのだ。


朝日放送で4月に放送予定。テレビ朝日系列であり、きっと

全国放送になるとのこと。


河口湖のようにエイサー衣装で走れば目立つな~。。。。


と思いつつ、日本メンバーのリーダーだとしたら、なにをするか?

の問いかけを自分に与え続けた。


最後に解散しましょうか?と声を食い止め、

「せっかくなので自己紹介しませんか?」

と言ってみた。


自分の自己紹介は、名前と出身地だけで、めためたになってしまった

のだけど、ほかのみなさんはちゃんと話ができていた。


みんな自分のことを話ししたいんだな~


ってことで、本を書く!というのは発表できなかったので、

次回は発表し、みんなともっとラポールをとるぞ!!


そうそう、今回は栃木から4名も参加だ!!

それも宇都宮周辺に固まっている!


地元新聞でとりあげてもらうぞ!!!

お~。俺の番組もつくって~!!



装備品の取材
 デジカメ:軽量なのは115g
 バック:29リットルで500g
 電灯:70gくらい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。