サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砂漠との出会い
バスを降りると、そこはビバーク1。
すなわちスタート地点だ。
場所はワルザザードの東約350キロにあるメルズーカ。

これが砂漠なのか。
あたり一面、サハラ特有のローズサンド(赤い砂)。
砂漠というとより土漠なのか。
公園にあるような砂場ではない。
しかしよく見ると砂が固まっているだけのようだ。

ほとんど植物は見当たらない。
360度当たりを見回すと、地平線の合間にあちらこちらにはげ山が見える。
そして真っ青な空を背景に黒いテント。そのコントラストに自然の威圧感を覚えた。
東の方向には砂色のおおきな山があった。
もしかしてこれが大砂丘か。
どっしり構えたその山のような大砂丘はレルグ・シェビ大砂丘と言い、縦長に40キロ。

ビバーグからの眺め


砂丘は毎日、その姿を変える。
風が吹き、砂が飛び、何百年の単位でその場所さえ変えるのだ。
砂丘は生きている。

あそこに俺たちは走っていくのか。
あの景色を見に来たんだ。
あの景色の中を走りに来たんだ。

興奮さめやらぬ中、テントの番号が発表されメンバーが割り振られた。
テントは120個で、1つのテントに8人だ。
テントは長方形の黒い生地で、その中央に2mくらいの木の棒を立て、左右から生地を引っ張ったもの。
三角屋根だけ張ったもので、正面から風が入るとそのまま通り抜ける。
ここに住んでいるベルベル人も使用しているようだ。

テントに向かって歩いていくと、他のテントにはそれぞれの国の国旗が取り付けてあった。
そして116番のテントを見つけた。
さっそくみんなに寄せ書きしてもらった日の丸を取り付けた。
これが日本人選手のテントだ。
テントには、関さん、澤村さん、三宅さん、寛平さん、飯田さん、村上さん、宮田さんと俺。
どんなドラマが起きるか楽しみだ。

tent


砂漠に落ちる夕陽はすばらしかった。
こんな夕陽を見るのは生まれてはじめてだ。
自然が作り出した芸術だ。
砂漠にいることをあらためて実感した。
そして、この場に立てたことに感謝した。

今日の夕食からスタート前日までは大会側が用意した食事を食べることになっている。
食事の時間は決まっていて、時間になる前から食事用テントの前に長蛇の列ができる。
しかしたいてい時間が遅れるのだ。それがここのルールだ。

夕食は、あたりが暗くなってからはじまった。
メニューはパスタや肉類に野菜類、パンやスープ。
このレースの主催者がフランス人であるからか、料理は実にうまい。
仲間と用意されたテーブルを囲んで食べた。

夕食が終わると、寝るだけだ。
夜の気温の状況やテントでの寝心地を確認するのも目的のひとつ。
アンダーウェアは暖かいか。
ウィンドブレーカーは風を通すことなく保温してくれるか。
寝るときのマットは必要か。

ビバークでの快適性を求めるならば荷物は必然的に重くなる。
レースでの快適性を求めるなら荷物は出来る限り軽くしたほうがよい。
明日になれば荷物を預けなければならないので、最後の調整だ。

厚めのござがひかれたテントにマットとシュラフで寝転ぶと快適だ。
地面が土漠で石も少なくでこぼこも感じられず、寝心地は良好だ。
テントに8人が寝ることもスペースは十分だ。
マットは肩から腰までの長さのタイプを持っていったが、足の下にバックパックを置けば足の疲れも取れるしいけそうだ。
シュラフは軽量化のために頭の部分がないタイプを選んだが、頭にバフと呼ばれる布をかぶればいけそうだ。
そんな実践を楽しみつつ、眠りについた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。