サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラマラソンのドキドキスケジュール
バスに乗り込むと、ロードブックを渡された。

これからはじまる7日間の全容が書いてあるのだ。

ワルザザードから5時間半の道のりをバスでゆられながらビバークまで移動だ。

窓の外には今まで見たことがないような荒野が広がっている。

目を閉じながら出発からのことを思い出していた。


3月26日早朝、まだ暗い中、成田空港まで直行バス乗り場の

駐車場まで車を走らせていると、電話が鳴った。

「こんな早くに誰だ~?」

出ると、聞いたことのある声だった。

こんな早くから起きて激励の電話をくれるなんて。。。。

精一杯のありがとうを伝え、電話を切った。

   ありがたい。。。。

首都高はあいかわらずの渋滞で、成田への到着時間は遅れる見込み。

うとうとしながら携帯を見ると、メールの着信。妹からだった。

   家族で見送りにきている。。。

その直後、またメールの着信。

   お前も着ているのか。。。

 空港にはやく着きたいのと、恥ずかしいのが交錯した。


 空港に着くと、サハラマラソンのメンバーがいた。


 そして、お見送りに来てくれた家族と仲間が待ち構えていた。

    みんな会社を休んできていた。

    ものすごくありがたかった。。。。

    みんなやさしい顔をしていた。

 別れ惜しく話をしていると、今回サハラマラソンに出場する間寛平さんが

 テレビクルーと一緒に目の前を横切った。

  彼はマスクをしていた。顔を隠すためか?

  これからお世話になるので、あいさつをしに行ったら、きょとんとされたが、

 一緒に走ることがわかり、よろしくと答えてくれた。

 彼とは、そんなはじまりだった。


  見送りにきてくれた仲間や家族とハグや握手をし、飛行機に乗り込んだ。

  目的地のパリまでは11時間半。飛行機はANAのボーイング747-400で、

  全席モニタつき。満席だった。

  映画を4本矢継ぎ早にみたので、内容は覚えていない。


  そして夕方にパリに着いた。14年ぶりだった。

    肌寒いな。。。

  こうして、一日目が終わっていった。


   次の日(3/27)は、夜にモロッコのワルザザードに移動なので、

  それまでの時間をサハラマラソン仲間と過ごした。

   長旅の疲れを癒すために、パリの街を軽く走った。

   凱旋門からシャンゼリゼ通りをコンコルド広場方面へ走り、

   オルセー美術館を対岸に見ながらルーブル美術館の脇を走り、

   オペラを横切り、ホテルに戻った。

   パリの景色はまるで美術館の中にいるようで、とても気持ちよいジョグだった。

    ジョグが終わり、再び街をぶらつき、そしてオルリー空港へ。

    たくさんのフランス人が列を成していた。みなスタッフの名札をしていた。

    ドクターがたくさん目に付いた。


        きれいな女性がたくさんいるなあ。。。。


    これらの人たちにこれから大変お世話になり、

    そしてこれから感動をともにしてもらえるとは思ってもみなかった。


    パリをあとにし、モロッコのワルザザードに着いたのは深夜だった。

   飛行機はフランス人たちの笑い声がたえなかった。みな興奮していたのだ。


   聞けば、彼らはみんなボランティアなのだ。

   楽しくて仕方なかったんだろうな。

   それもイベントで再会する気の合う仲間。。。


     そんな仲間がおれにもいるな。


    ワルザザードはパリから一転して気持ちのよい温度だった。

    明かりがオレンジで、アラビアンナイトを彷彿させるようで幻想的だった。

    これからこの国で、どんな感動が待っているのか。

    どんな気持ちでこの街に戻ってくるのか。


    こうして2日目の夜が終わった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。