サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感動のフィニッシュ!
4月5日(ステージ6:17.5km)
 今日もまた寒さで目が覚めた。
 どこのビバークでも砂漠の夜は寒いんだな。

しかし、この寒さもこれが本当に最後だ。
さて最後の一仕事。
サバイバルシートを取り出す作業だ。

顔半分までもぐりこんだシュラフのチャックを開けると、冷気がスッと流れてこんできた。

はやく作業をすませなきゃ!

腕を出して、上半身を起こし、足の下に置いたバックパックに手を突っ込む。
もぞもぞしているうちに、腕や上半身がどんどん冷えてきた。
肩口がひんやりしてきた。
ようやくサバイバルシートに手が触れた。

よし!

シュラフの中にシートを押し込み、中で広げて身体に巻きつけた。
アルミ製のシートはがさがさ音を立てるので、寝ている人を起こさないかと心配になった。

これからあたたまるぞ!

と思っていたら、いつの間にか眠りに落ちた。

気が着くと、朝がやってくる時間になっていた。
はるか先の山並が朝の柔らかな陽射しを浴びて、オレンジ色に輝いていた。

この朝陽を見るのもこれが最後だな。

輝きを帯びた朝陽と夕陽は、たとえ埃っぽい大地だろうと、美しく彩り、名画のように見せてくれた。
過酷なレースを続けていて今日が最後。
ホッとすると思いきや、さびしくなった。

今朝はいつも雰囲気が違う。
のんびりした空気が流れている。

そうか!テントの撤収がないんだ!

いつもは朝早くからベルベル人がテントを片付けに来るので、朝がせわしないのだ。
朝早く片付けるのはテントを次のビバーグに運ぶためだった。
しかし次のビバーグはないのだ。
ビバーグはここまでなのだ。

また今日が最終ステージということで、朝からお祭り騒ぎ。
距離が短いこともあり、余裕なムードだ。
最後の朝を最高の思い出にするために、どのテントでも笑いが耐えなかった。

そんなとき、山崎さんがとなりのテントの外国人選手とメールアドレスの交換をしていた。
いろんなシーンで外国人の選手と仲良くなっていたんだろうな。
彼はたくさんの友達を作っていたからな。

旅先でのメールアドレスの交換に似ていた。
これって、別れ際にやるんだよな。
今日が終わったら、二度と会えなくなるかもしれないんだな。
オレにも出会った人がたくさんいたな。

そう思っていると、前日一緒にゴールしたフランス人のマークがテントにやってきた。
サングラスをとっていたのではじめはわからなかったが、声を聞いてすぐにわかった。

おお!きてくれたのか~!

頬を寄せ合って挨拶。
頬で感じる無精ひげのちくちく感。
この頬の感覚こそ、昨日のゴールで感じたものだ。
本当にうれしかった。

そしてお互いにメールアドレスの交換をした。
今日のレースをお互いに健闘を誓い合った。

ここであることが脳裏をよぎった。
オーバーナイトで一緒にゴールしたマークと今会わなければ、二度と会えないかもしれない。

彼からテントの番号は教えてもらっていた。
ゴールすると、その順番でバスに乗せられてワルザザードのホテルへ直行だ。
そして閉会式となる。
普段着になったら、お互いのことがわからなくなるかもしれない。
彼のメールアドレスを聞くとしたら今しかない。

レースの準備もそっちのけで、彼のテントを探しに行った。
テントは全部で120個だ。
テントの前に番号札がついているので、それを追っていけばいい。
マークはテントにいるだろうか。
俺のこと、覚えていてくれるだろうか。

ついに彼の番号のテントが見つかった。
テントの中を覗いてみると、彼はレースの準備をしていた。

声をかけてみた。
そうすると、彼はとても嬉しそうに笑顔で迎えてくれた。

一日ぶりにがっちり握手。
お互いに足の具合を話した。
彼もまた足に包帯だ。

冗談を言い合ったあと、メールアドレスの交換をした。
そしてまた握手をして、お互いに最後のステージの健闘を誓い合った。

会いにいって、本当によかった。
今日は泣いても笑ってもレース最終日。
とてもあったかい気持ちでスタートを迎えられる。

あとやっておきたいことがある。
最後に日本人10人全員で写真がとりたい!

初日にみんなで撮った集合写真からどう変わったのか。
その姿を比べてみたい!
テントの前に出て、記念撮影だ。
みんなそれぞれがいろんな想いで最終ステージを迎えたのだ。
スタートラインに立つまでに、これまでのことをそれぞれが思い出すのだろう。

ALLJAPAN

そして、スタートからいつもの音楽が流れてきた。
AC/DCのYou shock me all night longだ。
この曲を聴くのもこれが最後。

毎朝スタートでおこなわれるセレモニーも今日が最後だと思うと一抹の寂しさを感じた。
マラソンは一人でもできるスポーツではあるけど、決して孤独なスポーツではない。
この日本人の仲間がひとり欠けたら、また違ったレースになっただろう。
このメンバーのおかげでここまでこれたのだ。
ここで出会った外国人選手やドクター、スタッフ、ベルベル人にも感謝だ。。
また、日本で応援メッセージをくれた仲間。
陰で支えてくれるたくさんの仲間。
俺の新聞記事を見て、応援してくれる見ず知らずの人たち。
すべての人たちにも感謝。
そして、宇宙と大地にも感謝だ。

今日は17.5キロの最終ステージ。
スタートはテント村の真ん中を抜けていく。
CPはひとつだけだ。
CPを越えたら町に入る
そして念願のゴール。
7日間のゴール。
世界で最も過酷なサハラマラソンのフィニッシュラインがそこにあるのだ。

map6


今日はもちろんゴールに行くことが目的だが、お土産の砂の収集も必要な目的だ。
ゴール地点ではすぐにバスに乗せられてしまい、砂を集める時間がないとのことだったからだ。
初日の大砂丘の砂が欲しかったが、あそこから重量を増やすわけにはいかなかった。
できる限りさらさらした砂で、しかもCP1までに集めることがタスクだった。

スタート地点に行く途中、寛平さんのカメラクルーから激励を受けた。
彼らの笑顔がなかったら、もっと寂しいレースになったに違いない。
レース途中で、彼らと笑顔をかわすことがどれだけ励みになっただろうか。
本当に感謝だ。

ついにカウントダウン開始!

「トゥワロ ドゥ アン スタート!」

最終ステージのスタートだ!

選手それぞれがいい顔をしている。

これでゴールだという安堵感もあるし、これで最後という寂しさも表情に出ていて、
感慨深い選手全員だ。

オレはまわりをきょろきょろ見渡しながら、砂集めポイントを探して走っていた。

「ここはまだ集めるには早すぎだな。」
「これはちょっと砂が荒いな。」
「ここの砂は量が少ないので、集めにくいな。」

などなど、走るというよりお気楽な散歩気分。
そんな風にして走っていても、なかなかいいポイントが見つからない。

「待て待て、もうじきCP1が出てくるころだな。
 その前に、拾っておきたいな。
 ゴールの町に入ってしまったら、砂などないだろうしな」

そうしていると、同じように砂集めを考えている選手が
足をとめて砂を集めてペットボトルに入れていた。

「どこの国の人も同じなんだなあ」

彼らに笑顔であいさつをし、オレもそこに参加して、一緒に拾った。

「この一体感がまたたまらないね」

そして9キロ地点のCP1がついに見えてきた。

これが最後のCPだ。
いつもと同じように地平線のかなたにポツリと突然現れた。

今までどれだけCPに救われたことだろうか。
どれだけCPを切望しただろうか。
どれだけCPを待ち望んでいただろうか。

CPを過ぎると、またまっすぐに進む。
地平線に向かって走るのがサハラマラソンなんだな。
いまとなってはこのパターンが嫌ではなかった。
地面も砂地で石が少ないので、足裏に緊張が走ることもなく、
心地よいリズムで先に進んだ。

前を行く選手。
見覚えがあるなあ。
山崎さんに紹介してもらってスタートのときに話をした陽気なアメリカ人の選手だ。
横に並んであいさつをしてみた。
「OK ?」
彼はニコッと笑って、親指を立てた。
覚えていてくれた。
ごそごそと携帯カメラを取り出し、写真をとってみた。
持っているストックを横に広げて、最高の笑顔だ!
お互いに写真をとりあった。

電線が出てきた。
赤茶色の土でできた家がポツリポツリ出てきた。
子どもたちがたくさん俺たちの走る道の両脇に立っている。
フレンドリーな子どもたちだ。
学校帰りなのか、友達どおしで見に来ているようだ。

ついに遠くに街が見えてきた。
ひとりの青年が声をかけてきた。
白いシャツを着ていた。
学生か。
どうやら学校帰りのようだ。
彼は高校生で、教科書を持っていた。
外国人と英語を使いたかったらしく、自己紹介をしたりして、彼の練習台になった。

そうしていると、緑が増えてきた。
ヤシの木が多いな。
草もたくさん生えている。
緑色の割合が多くなってきた。
人間が住んでいるが感じられた。
ついに街が見えてきた。
あれがゴールの街だ。
サハラマラソンの7日間の最後のゴール町、タザリンの町だ。

日の丸とエイサーの旗を取り出して、行きかう人たちに振ることにしよう。
日の丸と見て、日本と気づくこどもたちもいた。

いよいよゴールの町に入った。
大きな町なのか?

住宅地域の間を走る。
赤茶色の土でできた家の陰でたくさんの人が休みながら、おれたちを見ている。
めずらしいよな。
砂漠を走るなんて、クレイジーだと思っているよな。
「アッサラームアレイクン」
そう挨拶すると、
「サラーム」
と笑顔とともにたくさんの返事がきた。

陰を走るとひんやり感じられて、気持ちがよかった。
地元の人もたくさん定住しているようだ。
農業で生活している人もいるようだ。
窓越しから見ている者。
家の2階からも見ている者。
丘の上から見ている者。
日の丸とエイサーの旗を取り出し、それらを振りながら沿道の人々にあいさつをしながらひた走る。
日の丸の寄せ書きのひとつひとつに目をやるたびに、それぞれの笑顔が思い出され、目頭が熱くなった。

アスファルトの道に出た。
この先にゴールがあるに違いない。
もう砂漠の上を走る必要はないのだ。
トレラン用シューズで走るアスファルトは足にとって負担がかかるが、もうすぐゴールということで、喜びが先立ち、笑顔が消えることはないのだ。

観光客を乗せた車ともすれ違った。
砂漠ツアーへの玄関なんだな。

市場の付近を通過していると、すでに完走した選手がオープンテラスの椅子に腰掛、おいしそうにビールを飲んだり、肉串を食べていた。

そしていよいよフィニッシュラインが見えた。
このゴールをどれだけ待ち望んでいたことか。
レースの最後だ。
あのゴールをくぐるためにここまで走ってきたのだ。
これまでのことが思い出された。
感慨深かった。
沿道には、すでにゴールしたたくさんの完走した選手たちがビールを飲んだり、食事をしたり、共同体の仲間に向かって笑顔で声援を送ってくれた。
それに答えるように手をあげると、仲間はさらに祝福してくれた。
お前らもおめでとう!
そんな気持ちでさらに答えた。

そして遂にフィニッシュライン。
顔が笑顔でくしゃくしゃになっていた。

579位 55時間12分13秒。平均時速4.44km。トップから35時間44分27秒後れ。

完走メダルが首にかけられた。
首の後ろにその重みをずっしりと感じた。
これが7日間で得たものだ。
これをもらうために来たのか?
必ずしもそうではないが、これは形に残るものだ。
サハラマラソンをやり遂げたのだ。
ものすごくうれしかった。

大会カメラが近づいてきて、カメラに向かって日本語でしゃべるように言ってきた。
インタビューに答えながらしゃべっているとき、オーバーナイトで出会ったドイツ人がゴールした。
お互いに気がつき、インタビューの途中だったが、声を出しながらお互いにバグし喜びあった。

喜びを共有できることって、最高にうれしい。
これがマラソンなんだ。
涙を流したいと思っていたが、喜びのほうが何倍も強くて、笑いがおさまらない。
 
松永さんとみさこさんが笑顔で祝福してくれたので、バグしてそれに答えた。
三宅さん、山崎さんもいて喜びあった。
間さんは空腹を満たすかのように、たくさんビールを飲んだようでほろ酔いながら、途中で応援メッセージをもらった仲間へのお礼をどうしようかとうれしい悩みを語っていた。

 主催者が用意したバスに乗り込んだ。
 手にはゴールでもらった昼食の袋がある。
ワルザザードまでどのくらいかかるのか。
そんな時間は気にならなかった。
あれだけあざやかな青色だった空が黒い雲に覆われてきた。
陽射しも塞がれた。
雨だ。
砂漠に雨が降っているんだ。
この地は無味乾燥地帯ではないんだ。
たくさんの人を虜にする場所。
たくさんの想いが詰まっている場所。
またこの地に戻ってくるだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。