サハラマラソン245キロへ挑戦(2008年3月28から4月7日完走!)
サハラ砂漠を7日間で245キロを走り、しかも7日分の食料と背袋はすべて背負いそれで生活をおこなうサバイバルレースである世界一過酷なサハラマラソンの挑戦記です。その後2009年チリ・アタカマ砂漠マラソン(7日間250キロ)、2010年中国・ゴビ砂漠マラソン(7日間250キロ)を完走し、2010年11月の南極マラソン250キロを完走しました!

サハラマラソンへご支援いただき、誠にありがとうございました!
文房具、Tシャツも多数頂き、サハラの村の子どもたちに渡すことができました☆

2009年世界で最も乾燥したチリ・アタカマ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に中国・ゴビ砂漠マラソン250キロ完走。
2010年に極寒の南極マラソン250キロを完走しました。
この経験からどんなに長い距離でも走れるテクニックを
教本「驚異のマラソン上達法」(ここをクリック)にまとめました。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラの寄付の村
サハラマラソン2日目のCP2を過ぎた。
目指すは10キロ先のCP3だ。
途中に寄付の村がある。

ここはみんながオレに預けてくれた文房具類やTシャツを子どもたちに寄付する村なのだ。
一体、どんな村なんだろう。
どんな子どもたちが受け取るのだろう。

サハラマラソン日本スタッフの松永さんとみさこさんは、どんな風に渡すのだろう。
その場にいられなくて残念だな。

map2b


出発すると、前方に直径10mほどの竜巻だ。
風がないせいか、かなりの時間、一ヶ所にいて動きが見えない。
注意しながら歩いていると、小さな砂丘を登っていき、タマリスクの木々を強烈に揺らして去っていった。
こっちにこなくてよかった。
竜巻はいたるところで発生しては去っていった。
この乾いた大地で気温が上昇しているためだ。
地球の大気が運動しているためなのだ。
この大気循環がないと、生物は生きていけないのだ。

広い荒野だ。日差しが強くて風がない。
足が痛くて、ふくらはぎに疲労がたまっているので、歩いて進むことにする。
まだまだ先が長いので体力温存だ。
でこぼこの地面が延々と続いた。
どれだけ歩けばいいのか。
また自分との対話が始まった。

疲れが足に表れ、そして足の裏の皮がずれることが感覚でわかった。
靴下を1枚にしたので、くつの先端部分は楽になったが前後方向へゆるくなってしまい、くつずれが起こりはじめたからだろう。
でこぼこ地面に足を運ぶと左足の足裏から大きな針で刺されるような痛みが走り始めた。
まだ先は長い。
次に乾燥して硬くなった地面が現れた。
さらに左足裏から激痛を感じる。
おれの足裏はどうなっているのか?
どうなっているから激痛が走るのか?
右足は大丈夫なのか?
両足裏がすべてはがれてリタイヤした選手が過去にいたな。
しかし一歩一歩足を運ぶのに精一杯で、痛み以外はなにも考えられなくなっていた。

 後ろ向きな気持ちになろうとするとき、きまって自分に問いかける言葉がある
「今、おれはなにを感謝しているか」
 そうすると、いろいろな答えが頭に浮かんでいる。
 家族のこと、仲間のこと、会社の同僚のこと。
 またサハラのすばらしい景色に出会えていることやスタッフのおかげで走れていること。
さらに元気でいられること、生きていられること、生まれてきたこと、生命がつながってきていること。
そんなことを考えるたびに、本当にありがたいと心から浮かんできて、まだまだがんばるという気持ちになり、元気が湧いてくるのだ。

 そうしていると遠くに緑が見えてきた。
だんだん緑が近づいてきた。
畑が出てきた。集落の気配だ。
 すると、土作りの家が出てきた。このあたりの家は土のブロックを重ねたようで、赤茶色の壁に平らな屋根。ガラス窓などなく、壁に四角く開いているだけだ
 あそこに人は住んでいるのだろうか。
 遠くに、さらに大きな土作りの家が出てきた。

 上り坂が現れ、二人の子どもが選手の両手を握って、上まで引っ張っていた。彼らの遊びなのか?
 自分もまた50mくらい彼らに手を引っ張ってもらった。
 笑顔でありがとうと伝えたら、はにかんでくれた。

 丘の上にくると、いろんな国旗があがっている建物が出てきた。日本の国旗もある。
 ここはCP3ではないのか?

 建物の前には大勢の村人が座っていて、こちらを見ている。

「アッサラームアレイクン」

と声をかけてみた。

「サラーム」

とみんなが笑顔で言ってくれた。


「うれしいな~」


とそのとき、紳士風の背の高いひとりの老人がオレに握手を求めてきた。

「なんだなんだ?」

しばしば足をとめてみた。
彼は、現地の言葉でとても丁寧になにか言っているようだ。

言葉の意味はわからないが、感謝を伝えようとしているようだった。

「おお!大会カメラクルーも撮影しているぞ!

 そうかあ!ここが井戸や文房具やTシャツを寄付するジェダイド村(Jdaid)なんだな。

 彼は村長さんだったのかなあ」

セレモニーがちょうど終わって外に出てきたところだったようだ。


「いいタイミングで通過できてよかった~!」


村を過ぎると山のふもとにCP3を見ることができた。
足取りが少し軽くなり、先を急ごうとすると、さらに早い集団がおれに追いついた。
大柄なオーストラリア人たちだった。
さすがに足が長いと、ペースがはやい。
ひとりの女性が、俺の日の丸の旗を見て

「寄せ書きがたくさん書いてあるこの旗が好き」

と言ってくれた。
わかってくれるんだな~。

「ありがとう!」

と返事をしたら、涙が出そうになった。

「みんな、ありがとう」

CP3に着くと、小さなテントがあってしばし一休みだ。
ここで澤村さんと再会。
ペットボトル1本をもらったが、残り5キロなので、背中に水を半分くらい入れ、先を急ぐことに。
CP3を出ると、300mの山登りが待っていた。
がれ場と砂地の混ざり合ったところで、道などはなかった。
ここまでくると、マラソンというよりトレッキングと呼んだ方がふさわしい気がする。

一歩一歩、大地を踏みしめるように登った。
この登りは大変だ。
そして峠を登りきった。
気合を入れるためにほえてみた。
峠のくだりは、砂地で気持ちがよかったが、疲労もあってペースがあがらない。
谷を下り、水のない川の割れ目とごつごつした地面が繰り返され、いやおうなく足にダメージを与えた。

山みちを走るトレイルランをあまりやっていないため、アスファルトのマラソンに慣れすぎて足をあまりあげて走らないフォームがあだとなり、石につまづくことが多く、足指のつめに激痛が走った。
このがれ場は、踏んでも痛いし、蹴飛ばしてもいたい。
 親指のつめを強打し、痛くなってきた。

 足を踏み出すごとに、どこへ着地したら足が痛くないか、瞬時に見極めなければならず、その判断に頭の中が忙しくなり、ちっとも気が抜けない。
しかしレースの後半では集中力は長くは続かない。
次第に頭がぼーっとして、意識が朦朧としてくる。
そうしたとき、石につまづいた。
「痛い!」
右の親指の指に激痛が走った。
そして前のめりになって倒れそうになるところ、左足を出して耐えた。
「痛い!」
今度は踏ん張った左足裏でとがった石を踏んでしまった。
はやくこの地帯を脱出したい。
ただそれしか考えられなくなっていた。

このごつごつした地面は地獄のようだった。
いつまで続くのか。
山間を進む最後のコースは、山肌に隠れてゴール地点がなかなか現れない。
集中力がかなり切れていた。

15時50分、平地の岩場のフラットは足がくじけそうになって、足裏がとても痛い。

しかし、足をとめなければいつかはゴールに着くもので、ようやくゴールが見えてきた。
とそのとき、後ろから知った声が。
アメリカ人のジェフだった。
「一緒に行きましょう」
と声をかけてくれたが、2、3歩走るだけで、追いつくことはできなかった。
 
先にゴールに着いたジェフのうれしそうな姿を眺めながら、最後に力を振り絞って、ようやくゴールにたどり着いた。ビバーグ3に到着だ。
しんどいステージだった。
夕方5時かあ。ほにゃ時間もかかるとはなあ。

リタイア6名

テントについてシューズを脱ぐと、予想通り足裏の皮がはがれていた。
理由は大きめのシューズに対してソックス2枚履きで対応したのだが、初日の後半からシューズがきついと感じたのでソックスを1枚脱いだのだが、これによって靴擦れが起きてしまったのだ。
診断を受けるために、クリニックに行った。
目の前に並んでいた外国人の足はかかとのところが靴擦れで剥がれていて、赤く見える皮膚は膿んでいるらしく、傷口が見えなくなるくらいの大量のハエがたかっていた。

 クリニックに行くと、大量の消毒液で足を洗うことができた。
足はビバークにあるクリニックで治療が可能だ。この大会は、ボランティアで40人のドクターが参加し、クリニックでは常時10人のドクターが嫌な顔ひとつせずにやさしく治療していた。なお、ここは野戦病院?と思うほど、レースが進むにつれ患者の数は増え、傷口にはハエがたかり悪化していくのだった。

 クリニックでは足の治療をやさしくしてくれる。国境なき医師団のようなボランティアスタッフだ。足のまめの端っこに穴を開け、そこから赤チンのような消毒剤を流し込み、ガーゼと包帯でおしまい。痛み止めの錠剤ももらった。
 星降る夜に、これまで主催者が撮影したレースの映像およびテレビ放送の映像に関する上映会。

 明け方近くになって、きんきんと音をたてそうなほどの寒気が寝袋の中の私の身体を締めつけ、目が覚めた。
 寒すぎる。
 気温8度までのこの寝袋が寒いということは、外はもっと気温が低いのか。
 このまま朝を迎えるのでは、風邪をひいてしまう。
 寒さを防ぐものを寝ぼけた頭で必死に考えた。
そうだ。サバイバルシートが使えるかも。
 サバイバルシートは必須携帯品のひとつだ。
ただのぺらぺらのアルミシートのようだが保温力があるのた。

寝袋から腕を出すと、寒気が寝袋に入ってきた。
急いでバックパックからサバイバルシートを取り出した。
 サバイバルシートは握りこぶしくらいに折りたたまれているので、広げるのが大変だった。
 身体にそれを巻きつけ、寝袋に入った。
 体温を保持するサバイバルシートで、徐々に身体があたたかくなったきた。
スポンサーサイト
サハラマラソンはちっとも楽じゃない
3月31日(サハラマラソン:レース2日目:38km)
朝起きると顔は砂だらけだった。
夜に吹いた砂まじりの風が、顔に当たっていたからだ。

サハラマラソンのフランス人スタッフがテントに来た。
慣れない英語で、今日のスタート時間は9時だと告げていった。
朝8時で気温20.8度、湿度31%だ。

今日は昨日より7キロ長い38キロ。
フルマラソンより短いのでアスファルトなら5時間くらいのペースでと思うのだが、昨日の30キロで7時間弱の時間がかかっているのだ。
今日は8時間はかかるな。
制限時間は10時間。
時間を気にしなくてもよいな。

今日は南西の方角へ小さい砂漠群を越えてCP1まで12.1キロ。西に進路を変えて塩湖平原を越えてCP2まで24キロ。南西に進路を変えて、井戸や文房具を寄付する村に入ってCP3まで33.5キロ。山を越えてゴールまで38キロだ。干上がった川、草木地帯、塩湖平原
砂丘よりは楽だとタカを括っていたが、すぐにそんな考えは甘いと悟る。

map2a


前日からくつ先端部の上下方向が窮屈になっていたので靴下を1枚にした。
今回で23回目のサハラマラソンなので、朝8時集合でスタート前に、選手で23の数字の一文字を作り、上空からヘリコプターが記念撮影だ。

天気は雲ひとつない晴れ。
スタートして干上がった川を左に見ながら砂利地帯を進む。
まばらな砂丘地帯に入ったところで、山崎さんの背中を確認できた。彼もゆっくり走っていたので、一緒にCP1を目指すことにした。
砂丘地帯も終わり砂利になり、干上がった川を越えると、でこぼこの地形になった。
さらにゆっくり走り続けると、干上がった川を渡り、草木地帯だ。

陽が高くなるにつれて気温が上昇している。
風がほとんどない。
気持ち悪い汗が大量に流れてきた。
はやくも疲れが現れているのだろうか?
干上がった川底に散乱するごつごつとした固い石が、足底をダイレクトに襲い、草木地帯に生い茂る草々はどれも棘だらけで、油断すると足に切り傷を刻んでゆく。
ふと気がつくと、昨日のステージで見かけたような外国人選手が目に付いた。同じペースのメンバーが固定されてきているようだ。
 バックパックに日の丸を付けているおかげで、外国人から
「ジャパン!」とか「こんにちは!」
など声をかけてもらい、そのたびに挨拶を交わし元気をもらった。
またカメラを向け、一緒に撮影してくれる選手もいた。
オレは笑顔を振りまくだけで、自分のカメラを用意することはなかった。

バックパックの水がなくなった。
予備ボトルに切り替えた。
遠くにCP1が見えてきた。
ラクダの親子が草を食んでいるのを見つけた。
CP1までは土漠で背丈を越える植物もあちこちに見えて走りやすかった。
CP1では三宅さんが出発して行く姿を見送りつつ、山崎さん、澤村さん、林さんと会えた。仲間と会えると元気がよみがえってくる。

CP1で水1.5リットルをもらい、休みながら水をバックパックに入れて出発した。
CP2までの間に干上がった塩湖があるので、これが目標だ。
土漠なので走ることはできるのだが、身体が重いからか、集中力が切れていたのか、走ることができなかった。
植物が茂っている地域だったが、そんな景色にも飽き飽きしていた。
 そんな後ろ姿を見かねているのか、歩きが早い外国人が声をかけては、追い抜いていく。
自己紹介して、どこに住んでいるかなど、たわいもない会話をし、写真を撮っては別れていった。

小さな丘に囲まれた谷を抜け、干上がった川を越える。
川の跡がいくつもあるが、一体いつの川なのだろうか?
雨季には川になるのだろうか?
地平線に向かってひたすら歩く。
気持ち悪い汗ができている。
熱い。
地元の子どもたちが手を振って笑顔を振りまいてくれる。
「サラーム」
とあいさつし返した。
言葉はわからないが、こういうやりとりはちょっと元気回復になる。

時間は昼どきだ。CP1とCP2の間くらいだろうか。
12時の気温は36.8度。湿度18%と発表されたが、体感ではもっとあるように感じられた。
風もほとんどない。
熱い。
パワーバーとジェルが飽きを防いでくれるが食べてしまった。

遂に塩湖平原だ。白っぽくてでかい。
アルジェリアやチュニジアに見られる塩湖は 海水とは関係なく 砂の下が 岩盤のため 雨水が1箇所に溜まり そこへ周り砂の成分が流れ込み これが乾燥して蒸発して その土中の塩分が 噴き出して結晶となったものである。 結晶ができるまでには 4-5千年かかる。 塩湖のことは 一般 にショット、水がなくなり 塩が浮いた平原のことをセブハと呼ぶ。 アトラス山脈の降雨量が比較的多いため サハラ北部には ショットが多く 南へ下がるほどセブハが多くなる。

遠くには30頭くらいの動物がいた。ヤギか?
遊牧するにしても、人影が見えない。
ほんとうにでかい。
遠くにCP2は見えない。。。
本当に塩なのか?
なめても土の味しかしなかった。
ただ地面を見れば、それがひび割れ、所々が細かく捲れ上がっていて、水が干上がったのがわかる。
周りに見える山は本当は何色なのか?
しかしこれはサングラス越しの色だ。
ゴーグルをはずしてみた。
まぶしすぎる。
周りに見える山は赤茶色だ。

ゴーグルがまるでダイビングをしているかのような錯覚を起こし、暑さを感じなくさせているのかもしれない。
ゴーグルをはずすと、目でも温度を感じるのだろうか。
熱いことがすぐにわかる。

照り返しが凄かった。塩によって白く染まった大地は乾ききっていて、所々が細かく捲れ上がっていた。私が歩を進めると煎餅のようにぱりぱりと小気味よく割れていき、砕けた破片が次々と私の足裏を刺激した。

とそのとき、動物の骨が無残に残されていた。
体力が尽きて死んでしまったのだろうか。
砂漠での過酷さを垣間見た。

少し歩くと、今度はかわいらしい黄色い花を付けた植物が出てきた。
足を進めるほど、その数は増えてきた。
ここに雨が降ったに違いない。

深さ3メートル近い干上がった大きな川の裂け目を手を使いながら登り、さらに砂漠地帯を抜けた。

ついにCP2が見えてきた。ラクダの牧草とタマリスクの木々を歩いている。
このでこ道の山あり谷ありの勅物が生い茂っているところは、足裏ダメージがきていて、両足の小指に痛い。
CP2だと思ったら車だった。

しばらく歩くとCP2が見えてきた。思ったより砂丘は足がもつれて走れませんが、歩いて向かうことにする。
 
タマリスクは、砂漠にあるギョリュウ科の落葉小高木(ブッシュ)の総称で、広大な砂漠にも限りがあると告げている植物。水のあるところや人が住んでいるところ(オアシス)が近いという事を告げている植物だ。
砂漠に横断している者やそこで生活をするものにとって、その命に希望の火を灯してくれるのかも。

ラクダの歓迎されながら、ようやくCP2まで来た。ここまで24キロ。時間は午後1時だ。
ここで、ペットボトル2本をもらい、朝に用意した玄米ご飯100gを食べ、エネルギー補給だ。林さんと澤村さんとも会えた。ふたりとも疲れは見えるが余力は十分だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。